ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 観光・しごと・産業 > 林業 > センターの組織と業務内容

本文

センターの組織と業務内容

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050088 更新日:2021年4月8日更新

 当センターは、1課3部からなり、森林・林業に関する研究や普及など下記のような業務を行っています。

所長  

次長(事務)

次長(技術)

 

総務課
6名

  • 予算、庶務、会計、財産管理などを行っています。

企画研修部

4名

  • 企画や広報活動を行っています。
  • 森林・林業に関する相談を受け付けています。
  • 県民を対象にした森林教室や一般公開を開催しています。
  • 研究成果や森林・林業に関する技術の普及を行っています。
  • 林業技術に関する研修を行っています。

育林環境部
3名

木を植え、育て、収穫するための以下のような研究を行っています。
  • 林木育種に関する研究
  • 植栽から木材生産までの森林施業技術に関する研究
  • シカ被害など森林被害の防除に関する研究

林産加工部
3名

伐採された木を、上手に無駄なく使うための以下のような研究を行っています。また、シイタケなど特用林産物生産に関する研究も行っています。

  • 構造用材としての県産木材の強度に関する研究
  • 県産木材の効率的な乾燥技術の開発
  • 県産木材の新しい用途の開発
  • 特用林産物の生産に関する研究

(県産木材試験・利活用支援室)

  • 県内の木材関連企業に対し製品開発などの支援
  • 製品の性能評価

※各部のくわしい業務については、その部をクリックすると表示されます。

センターの組織・業務体系図 (PDFファイル:935KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)