ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 観光・しごと・産業 > 林業 > 林産加工部の業務概要

本文

林産加工部の業務概要

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050093 更新日:2021年4月5日更新

 当センターでは、県行政の方向性に配慮しつつ、依頼試験等を通じて産業界への技術支援を行うとともに、生産現場からのニーズ、全国の先進的な技術開発の研究情報等に基づく研究シーズなどを十分に検討し、迅速かつ効率的に技術開発を行うこととしています。

 林産加工部では、大径化するスギ・ヒノキの材質や乾燥方法、新たな利用技術など県産木質資源の有効な利活用に関する研究、あるいは地域材を活用したキノコ栽培など特用林産物の生産技術の改良・改善に関する研究に取り組むとともに、企業からの依頼試験等を通じて林産加工業ならびに山村地域の活性化支援に努めています。

令和3年度の主な研究等内容

  1. 中大規模木造建築物用構造材の合理的な組合せ乾燥に関する研究(令和3年度~令和5年度)
  2. 県産ヒノキ中大径材を活用するための性能の明確化に関する研究(令和2年度~令和4年度)
  3. 原木しいたけ栽培の省力化・効率化に関する研究(令和元年度~令和5年度)

令和3年度林産加工部の研究の概要

県産木材試験・利活用支援室の業務

 県内のスギ等人工林資源が充実しており、県産木材の需要拡大に向けた取組をより一層加速化することが望まれます。そこで、当センターにおいては、製材業、建築設計事務所、工務店などに対する技術支援の窓口として「県産木材試験・利活用支援室」を林産加工部内に開設しています。関係業界に対して技術的な支援を行い、またその成果の発信を行っています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)