ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 観光戦略部 > 観光交流政策課 > 受領について

本文

受領について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0002886 更新日:2020年8月1日更新

1 受領に必要な書類

旅券(パスポート)は、年齢に関係なく申請者本人だけが受領できるものです。
必ず一般旅券受領証(ピンクの紙で、申請時にお渡ししたもの)をご持参ください。

受領できるのは、申請書を提出した旅券窓口だけです。一般旅券受領証に記載された交付予定日から受領できます。

旅券(パスポート)は、発行日から6か月以内に受け取ってください。6ヶ月を過ぎると、発行された旅券(パスポート)は失効します。また、切替申請で有効期間の残っている前回の旅券(パスポート)をお預かりしていた場合は、そちらも処分いたします。

(1)受領証

申請受付が終了したときに、各旅券窓口でお渡しするピンクの紙です。
旅券(パスポート)の受領に必要です。交付予定日や受け取りのご案内などが記載されていますので、よくお読みになってください。

※紛失したときは、下記の「2 注意事項」をご覧ください。

(2)手数料

一般旅券受領証には、納付する手数料の金額が表示されています。
「収入印紙」「熊本県収入証紙」を事前にご購入の上、一般旅券受領証と一緒に窓口へ提出してください。

※現金では納付できませんのでご注意ください。

手数料について

2 注意事項

(1)一般旅券受領証を紛失したとき

一般旅券受領証は、旅券(パスポート)の申請を受け付けたことを証明する公文書で、旅券(パスポート)を受け取るときに必ず提出いただくものです。
この一般旅券受領証を失くしてしまったときは、事前に申請をされた旅券窓口にご連絡ください。

旅券窓口一覧及び取り扱い時間

(2)交付予定日を過ぎたとき

旅券(パスポート)旅券発行日から6か月以内であれば、お渡しすることができます。

6か月を過ぎてしまったときは、旅券(パスポート)は自動的に失効します。

旅券(パスポート)の申請者には、旅券法第20条に基づき、手数料の納付が義務づけられています。
パスポートを受領されない場合、次回、旅券(パスポート)を申請するときに支障が出る場合があります。

なお、切替申請または訂正新規申請をされた方が、発行された旅券(パスポート)を受領しなかった場合には、申請時に提出していただいた前回の旅券(パスポート)も失効旅券として処分しますので、ご注意ください。

このページに関するお問い合わせは 熊本県旅券センター(県庁新館1階)

電話096-333-2160 メールryoken@pref.kumamoto.lg.jp