ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

鑑賞ワークシート

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0056413 更新日:2020年8月1日更新

鑑賞の授業でお困りの先生方必見!!鑑賞用ワークシートのご案内

 ☆★学校の授業や宿題・夏休みなどの宿題で使えます★☆

どうやって鑑賞授業をすればよいのだろう??日々、教材開発に悩まれている先生方へ、美術館見学や鑑賞の授業などで自由に使える鑑賞ワークシートを作成しました。
美術作品に限らず、身近な生活用品、建物、絵本、教科書の挿絵など、生活の中にはたくさんの人々が思いを込めた作品がたくさんあります。教科書の補助教材にある「アートカード」と組み合わせて使ってもOkです。ぜひ、ご活用ください!!

ワークシートの紹介

1.鑑賞ワークシート

鑑賞ワークシートの画像幅広く活用できるワークシートです。編集可能なパワーポイントのファイルもあります。学年に応じて、漢字も書き替えができます。

鑑賞ワークシート (PDFファイル:240KB)
鑑賞ワークシート(編集可) (パワーポイントファイル:507KB)

2.「ああ、つながりがみえる… ~作品のにているところをみつけよう」 

ワークシート「つながりがみえる」の画像複数の作品を鑑賞し、作品の共通点を自分なりに探していきます。子どもたちの自由な発想や考える視点がわかるワークシートです。
ああ、つながりがみえる…(PDFファイル:609KB)

3.「私には彫刻の声が聞こえるのだ!~彫刻にインタビューをしよう~」

ワークシート「彫刻の声が聞こえるのだ!」の画像インタビュー形式の問いに、彫刻になりきって感じたことをまとめるワークシートです。まとめた後にお友だち同士、ポーズをとりながら発表しあうと楽しい鑑賞活動になります。
私には彫刻の声が聞こえるのだ! (PDFファイル:62KB)

4.「クイズしません?~だれかと交換してクイズをとこう~」

ワークシート「クイズしません?」の画像お気に入りの作品をひとつ選び、クイズにするワークシートです。 どんな作品なのかヒントを書き、お友だちに作品探しをしてもらいます。教科書補助教材の「アートカード」と一緒に活用すると、グループ活動に最適です。
クイズしません? (PDFファイル:72KB)

5.教えてあげましょう…これが私の気になる作品

ワークシート「これが私の気になる作品」の画像スケッチが中心のワークシートです。スケッチをじっくり行うことで、作品を隅から隅まで観察する活動につながります。きっと、多くの発見が生まれるはずです。
教えてあげましょう…これが私の気になる作品 (PDFファイル:48KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)