熊本県

「くまもと型伝統構法を用いた木造建築物設計指針・同解説」講習会の開催

最終更新日:

 今般、本県の気候風土に適した構法として伝えられてきた伝統構法を用いた木造建築物の設計法を、本県独自の「くまもと型伝統構法を用いた木造建築物設計指針・同解説」としてまとめました。

 本来伝統構法は限界耐力計算を求められるため設計上煩雑な作業が求められますが、本設計法は、スパン表による部材断面算定、独自の構造計算ツールの活用など、限界耐力計算を簡略化することにより、実務者が使いやすい設計法としています。
 また、建築確認手続きにおいて必要となる構造計算適合性判定について、審査の一部省略が可能になるなど審査や手数料上の特例を受けることができるようになります。(令和2年4月1日施行予定)

 

 今般、同設計法について広く周知を図るため、講習会を開催します。伝統構法に取り組まれている方、今後取り組みたいとご興味のある方は奮ってご参加ください。

 テキストでは、標準的な間取りや構造計算事例をわかりやすく紹介しておりますので、初心者の方でも伝統構法を用いた設計の参考とされてください。

 

【対象者】

 伝統構法を用いた木造建築物を設計又は施工に従事している又はこれから従事しようとされている方

 建築確認又は構造計算適合性判定に係る審査者

 

【開催日時・会場】

 【八代会場】令和2年3月4日(水曜日)9時から17時まで 熊本県県南広域本部(八代市西片町1660)

 【熊本会場】令和2年3月6日(金曜日)9時から17時まで 熊本県林業研究・研修センター(熊本市中央区黒髪8丁目222-2)

  ※熊本会場は定員に達しましたので募集を締め切りました。 

 

◆チラシ・申込書はこちら↓↓

 
【八代会場マップ】                       
 
【熊本会場マップ】 
 



 

このページに関する
お問い合わせは

土木部 建築課 建築指導班
電話:096-333-2534
(ID:30377)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.