ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 障がい者支援課 > 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

本文

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0001966 更新日:2020年8月1日更新

 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)が、平成28年4月1日から施行されます。

 この法律は、障がいを理由とする差別の解消を推進することにより、全ての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目指すものです。

 法律では、行政機関等や民間事業者による「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮の不提供」の2つが「障害を理由とする差別」として禁止されています。

リーフレット

条文

職員対応要領

 法律では、行政機関等の職員がその事務事業を行うにあたり適切に対応ができるように「職員対応要領」を定めることとされています。
 本県は、職員対応要領を次のように定めました。
 職員対応要領(PDFファイル:529KB)

 なお、民間事業者については、主務大臣が、事業者が適切に対応するために必要な指針(ガイドライン)を定めています。
 関係府省庁所管事業分野における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応指針<外部リンク>

地域協議会

 法律では、障害者差別に関する相談に適切に対応するためのネットワークづくりが規定されています。
 本県は、障害者虐待防止法のネットワークを活用することとし、つぎのように設置しました。
 熊本県障害者差別解消・虐待防止連絡会議設置要綱(PDFファイル:132KB)

合理的配慮の提供等事例集(内閣府作成)

 合理的配慮の提供等事例集(PDFファイル:1.3MB)

相談窓口

 本県は、法律に先立ち、「障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例」に基づく相談体制を整備しています。

 法律施行後も条例に基づく次の相談窓口が引き続き相談を受け付けます。

  • 地域相談員の連絡先
    お住まいの市町村の福祉課にお尋ねください。
  • 広域専門相談員の連絡先
    電話:096-333-2244(月曜~金曜の午前9時~午後5時)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)