ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 認知症対策・地域ケア推進課 > 認定調査員について

本文

認定調査員について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0100016 更新日:2021年8月7日更新

 認定調査員は、要介護認定を決めるための調査をする役割を担います。
 
 要介護認定には段階を踏んでいくつかの調査が必要となりますが、その1次判定のための聞き取り調査を認定調査員が行います。
 実際に申請者を目の当たりにし、審査に必要な情報を調査して提供する重要な役割を担っています。そのため、申請者の状況をできる限り正確に介護認定審査会委員に伝達するために、調査票や意見書をまとめることが必要となります

 新たに認定調査に従事するためには、都道府県又は指定都市等が実施する認定調査員新規研修の受講が必要です。

  要介護認定制度とは/soshiki/33/875.html

認定調査員新規研修

日程(令和3年度:予定)

第1期:令和3年4月7日
第2期:令和3年8月6日
第3期:令和3年11月7日
第4期:令和4年2月
※現時点の予定であり、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、会場での講義形式の研修を取りやめる可能性もあります。
※各回とも研修内容は同じです

​対象者

 新規に認定調査に従事する者

​ 受講申し込み

 各日程の約1か月前頃から各保険者において申し込みを受けておりますので、受講を希望される方は各保険者へお問い合わせください。県では直接申し込みは受け付けません。

その他

  • 研修修了者には研修受講後、保険者を通じて受講済証を交付します。
  • 新規研修修了後も、eラーニングシステムによる継続した学習や現任研修に参加することにより資質の向上・維持に努めてください。​
  • ​他都道府県及び政令指定都市等で認定調査員新規研修を受講している場合は、熊本県の認定調査員新任研修を改めて受講する必要はありません。

要介護認定認定調査員テキスト

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)