ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > 新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルについて

本文

新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051409 更新日:2022年12月2日更新

新型コロナウイルス感染症に関する概況

リスクレベル画像1

リスクレベル画像2

リスクレベル画像3

リスクレベル画像4

本県の感染状況は、増加傾向が継続しており、増加が懸念される変異株(XBB系統)も確認されています。
季節性インフルエンザもわずかに確認されており、今後、同時流行も懸念されるため、引き続き基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
特に、各家庭・事業所等においては、換気の徹底に御留意ください。
また、希望される方は迅速なワクチン接種をお願いします。
県においては県民広域接種センター(グランメッセ熊本)を開設していますので、夜間・休日も含めた検討をお願いします。
陽性となった場合、発生届の対象とならない方(若い方など重症化リスクが高くない方)は、御自身の療養期間を御確認いただくとともに、万一症状が悪化した場合のスムーズな対応のため、熊本県療養支援センターに陽性者登録を行っていただくようお願いします。

【1202報道資料】新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルについて (PDFファイル:2.01MB)

 

熊本県・熊本市新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 座長コメント(12月1日現在)

〇 熊本県においては新規感染者数は増加傾向が継続し、最大確保病床使用率も上昇が見られており、県リスクレベルはレベル2とすることが妥当である。

〇 熊本県の新型コロナウイルス感染症の感染者は増加しているが、社会情勢は落ち着いているように感じる。一つの要因は、感染の増加が穏やかであり、以前のように「どこまで感染者が増加するか分からない」といった恐怖感が薄れているためと考えられる。

〇 そうした心理要因もあるとは思うが、海外の大規模イベント等での報道映像等について、「世界ではもうマスクを着用していない、日本の対策は失敗だったのでは」という声も聞かれる。

〇 確かに、現在、多数の国で人口当たりの感染者数は日本よりも少なく、強い対策も行っていないが、そのような国は概ね過去に大きな感染爆発を経験し、その結果、免疫者が多くなり、感染者が波のような増加はしなくなっていると考えられる。その過程には、莫大な感染や死亡があったことも事実である。

〇 日本では高齢化率が非常に高いこともあり、仮に他国のような感染爆発があった場合、非常に多数の死者数となることは事前に予想されていた。そのため、感染の波をその時点の医療キャパシティが耐えられる範囲に抑えていく戦略で進めた。この結果、感染者数・死者数を比較的低く抑えることに成功したが、その反面流行期間は一気に感染拡大した国よりも長くなっており、それが第8波として表れている状況と考えられる。

〇 したがって、今しばらく他国よりも強い対策が求められる期間が必要となると思われる。熊本県においても感染者数の増加に従い、感染リスクも高まりつつある。更に、年末年始の人の移動の影響は大きくなると考えられ、感染は拡大する可能性は高い。楽しく、穏やかな年末年始を過ごすためにも、基本的な感染防止対策を徹底するとともに、事前にオミクロン株対応のワクチン接種をしっかりと行うことが非常に重要である。また、移動やイベント参加前の検査なども含め、対策や準備を進めていただきたい。

 

県民の皆様へのお願い 

スライド1

スライド2

スライド3

 

​熊本市の状況と対策

熊本市においては、新規感染者数は引き続き増加傾向にあり、即応病床使用率は 50%前後を推移しております。
感染の再拡大を防止し、高齢者など重症化リスクが高い方を守るためにも、引き続きこまめな換気など感染防止対策の徹底、医療機関の適正な受診など、一人一人のご協力が必要です。

 

​【対策】

✓ワクチン接種の着実な実施
✓保育所等・小学校・高齢者施設等の従事者に対する集中的検査 及び 同従事者が濃厚接触者になった場合の待機を早期に解除するための検査の支援
✓保育所等や学習活動、部活動、児童育成クラブ等における感染防止対策の徹底
✓熊本シティFM・街中モニターを活用した感染予防策に関する広報啓発活動の実施
✓さらなる病床確保に努めるとともに、感染者が発生した高齢者施設等の要請に応じ、医療支援チームを派遣し、感染状況の把握と迅速な感染管理、医療介入を実施

 

【熊本市からの要請】

✓基本的な感染防止対策を徹底してください。(こまめな換気・手洗い・うがい・手指消毒 ・マスク着用(※))
※…マスク着用の基本的な考え方については、「県民の皆様へのお願い」をご参照ください。
✓高齢者や基礎疾患のある方及びその同居家族の感染防止対策を徹底してください。
✓希望される方は積極的なワクチン接種(新型コロナワクチン・インフルエンザワクチン)をお願いいたします。
✓ご自身やご家族が感染した場合に備え、新型コロナ抗原定性検査キット、解熱鎮痛剤、日用品や食料品などを事前に備えていただくようお願いいたします。
✓症状は無いが、感染に不安を感じる方(熊本県民に限る)については、熊本県が実施している無料PCR等検査を受検していただくようお願いいたします。
✓会食時は県が示している「会食時の感染リスクを下げる4つのステップ」を遵守してください。
✓「熊本県飲食店感染防止対策認証制度」を活用してください。
✓コロナに関わらず、緊急を要さない場合は、出来る限り平日の昼間の診療時間内で受診いただくなど、医療機関の適正な受診にご協力をお願いいたします。
✓夜間に救急外来の受診や救急車を呼ぶか迷う場合は、相談窓口(♯8000、♯7400)へご相談 ください。
✓職場において、業種別ガイドライン等を参考に、感染防止対策の徹底を再度確認してください。また、テレワークや時差出勤等に協力してください。

県民の皆様にお願いすること

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)