ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > ウイルス検査について

本文

ウイルス検査について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0004957 更新日:2021年9月24日更新

肝炎ウイルス検査はもう受けましたか?

 熊本県では、無料でB型肝炎ウイルス及びC型肝炎ウイルスの検査を受けられます。

対象者

熊本県内(熊本市を除く※)に住所を有する方で、職場検診や市町村が実施する健康増進事業等、健康保険各法その他法令に基づく保健事業等により肝炎ウイルス検査を受検できない方のうち、次の問診事項を踏まえ、検査の必要性が認められる方。(過去に受けたことのある検査は事業の対象外となります。)

  1. 平成6年(1994年)以前に、非加熱凝固因子製剤やフィブリノゲン製剤を使用された可能性がある。
  2. 平成4年(1992年)以前に輸血を受けたことがある。
  3. 長期に血液透析を受けている
  4. 大きな手術を受けたことがある。
  5. 臓器移植を受けたことがある。
  6. 過去に健康診断等で肝機能検査の異常を指摘されたことがある。
  7. 家族等が肝炎ウイルスの感染者のため、感染した可能性がある。
  8. 周りの方から検査を勧められた。
  9. その他検査を希望する理由がある。

 ※ 熊本市にお住まいの方は、熊本市保健所にお問い合わせください。
 Tel:096-364-3189
 熊本市保健所ホームページへ<外部リンク>

申込み・検査の流れ

(1)保健所で検査を受ける場合(無料・匿名)

  • お住まいを所管する保健所に、電話で申込んでいただきます。
  • 指定の日時に来所していただき、採血を行っていただきます(短時間で終わります)。
  • 後日、保健所職員が検査結果を通知します。

(2)委託医療機関で検査を受ける場合(無料)

保健所及び委託医療機関一覧

委託医療機関の皆様へ

 肝炎ウイルス検査の実施に当たっては、各医療機関において、下記様式をダウンロードの上、御使用いただきますようお願いします。
 なお、検査実施報告書の提出先は、熊本県が委託する公益社団法人熊本県医師会となりますので、お間違いのないようお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)