ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 熊本県立美術館 > 展覧会 > これまでの特別展 > [2015年度]ジョルジュ・ルオー展─心揺さぶる魂の色彩─

本文

[2015年度]ジョルジュ・ルオー展─心揺さぶる魂の色彩─

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0009277 更新日:2020年8月1日更新

会期
2015年9月25日(金曜日)~2015年11月23日(月曜日)

会場
本館1階展示室

休館日
月曜休館 ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館
※11月16日(月曜日)は「障がいのある方々の鑑賞デー」として開館

観覧料
一般1,300円(1,000円)、高・大学生800円(500円)
※( )内は前売・団体20名以上の料金
※中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方は無料
※高校生が教師引率のもと授業・教育の一環として鑑賞する場合は無料(前日までに要予約)

チラシ

開催情報

主催

熊本県立美術館 熊本日日新聞社 RKK熊本放送

後援

熊本県文化協会 熊本県美術家連盟 熊本日仏協会
熊本県市町村教育委員会連絡協議会 熊本県図画工作・美術教育研究会
熊本県高等学校教育研究会美術・工芸部会 熊本県高等学校文化連盟
熊本県博物館連絡協議会 NHK熊本放送局 エフエム熊本 FM791

特別協力

パナソニック 汐留ミュージアム

企画協力

ホワイトインターナショナル

展覧会概要

ルオーの肖像
ジョルジュ・ルオー(パリのアトリエにて、1953年)
photograph by Yvonne Chevalier

 フランス絵画の巨匠として名高いジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、太く黒い線と鮮やかな色彩を駆使しながら独自の精神世界を開いた、20世紀を代表する画家です。敬虔なカトリック信者の家に生まれ、ステンドグラス職人の弟子として修業したのち、エコール・デ・ボザール(国立美術学校)でギュスターヴ・モローの教室に学んでいます。初期には20世紀絵画の発火点となった野獣派(フォーヴィスム)の運動に加わり、マティスやヴラマンクらと活動をともにしながら、絵画の革新に携わりました。しかしルオーの関心事は単なる造形的な探求を超えて、人間の魂の姿を描き出すことでした。彼が最大の主題にしたのがキリストの受難など聖書のテーマであり、サーカスの道化師や貧しい労働者といった人々にも目を向けています。私たち人間が抱える苦しみや悲しみを正面から見すえ、深い愛と共感のもと描き続けたルオーの作品は、今なお多くの人々を惹きつけてやみません。

 本展は、世界有数のルオー・コレクションとして知られる東京のパナソニック汐留ミュージアムの所蔵品により構成されるもので、初期から晩年まで70年にわたるその壮大な画業を辿ります。傑作「キリスト」や版画集『ミセレーレ』など宗教を主題とする代表作を展観するとともに、実験的な油彩作品、版画連作などその芸術の全容を網羅しながら、フランス絵画の巨匠ルオーが現代の私たちに投げかけるメッセージを探ります。なお熊本県立美術館では1976年の開館以来、ピカソやシャガールなど絵画と版画の双方の領域で活躍した巨匠たちを紹介するとともに、美術館コレクションの体系化を続けてきました。ルオーは「画家にして版画家」と呼ばれるこの天才たちの系譜上に大きな足跡を残しており、当館でも版画集の代表作『悪の華』などルオーの版画作品16点を所蔵しています。またヴラマンクやマティスら野獣派の同朋たちも常設コーナーの常連の作家です。このような観点から、本展を熊本県立美術館の開館40周年のプレ記念事業として位置づけて開催します。

関連イベント

スライド・トーク

ルオー芸術へのいざない―人間の魂を見つめて

20名以上のグループ・団体への鑑賞プログラム(約20分の解説 ※要予約
【実施期間】展覧会会期中(9月25日[金曜日]~11月23日[月曜日・祝日]/休館日を除く)
【講師】村上 哲(当館学芸課長)
※詳しくは県立美術館(TEL 096-352-2111)までお問い合わせください。

ミュージアムセミナー

ジョルジュ・ルオー ─心揺さぶる魂の色彩─

【日時】10月10日(土曜日)14時00分~15時00分
【場所】本館講堂
【講師】村上 哲(当館学芸課長)
【参加費】無料
【申込】不要

子ども美術館

名画探偵~ルオーの欠片~

【日時】11月8日(日曜日)10時30分~12時00分
【場所】本館講堂
【参加費】無料
【申込】不要

ミュージアム・コンサート

連携事業 NHK美術館コンサート

【出演】ミカ&リチャード・ストルツマンによるマリンバ&クラリネットDUO 他
【日時】9月26日(土曜日)14時00分~16時00分
【場所】本館 吹抜ホール
【参加費】無料
【申込】不要

障がいのある方々の鑑賞デー

通常休館日である月曜日を臨時開館とし、障がいのある方々にゆっくりと展覧会をご観覧頂くためのイベントです。午前・午後に分けて、学芸員による手話通訳付きの解説も行なわれます。
【日時】11月16日(月曜日) ※開館時間:9時30分~17時15分

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)