ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 熊本県立美術館 > 展覧会 > これまでの細川・美術館コレクション展(第2展示室) > [2016年度]第1期 美術館コレクション〈特集〉池辺寺の歴史と名宝

本文

[2016年度]第1期 美術館コレクション〈特集〉池辺寺の歴史と名宝

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0009273 更新日:2020年8月2日更新

当館のコレクションを中心に、熊本の美と歴史や近・現代美術、西洋美術の名品を紹介

会期
2016年5月28日(土曜日)~2016年7月3日(日曜日)

会場
美術館コレクション展示室(本館2階展示室第2・3室)

休館日
毎週月曜日 ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館

観覧料【本館2階展示室】一般270円(190円)、大学生160円(120円)
【別棟との共通券】一般420円(300円)、大学生250円(190円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方無料

池辺寺縁起絵巻(部分)
熊本市指定文化財 《池辺寺縁起絵巻》(部分)
梶山桂谷画 五雲斎見益書
文化元年(1804)
池辺寺跡財宝管理委員会所蔵
熊本県立美術館寄託

出品リスト(PDFファイル:138KB)

〈特集〉発掘30周年記念 池辺寺の歴史と名宝【本館2階展示室第2室】

 熊本市西区に残る史跡池辺寺の発掘30周年を記念して、貴重な出土遺物、ゆかりの仏像や絵画、古文書などを展示。全国に例をみない古代山岳寺院・池辺寺の魅力を伝えます。

常設展示 【本館2階展示室第3室】

 藤田嗣治、キスリングなどエコール・ド・パリの画家たちや、ルノワール、ヴラマンクら当館所蔵のフランス美術の粋を展示します。

ルノワール
​ピエール=オーギュスト・ルノワール
​Pierre-Auguste RENOIR 1841-1919
​《胸に花を飾る少女》
Jeune Fille fleurissant son Corsage
1900年頃 油彩・カンヴァス​

キスリング3
​モイーズ・キスリング
​Moïse KISLING 1891-1953
​《ル・ベック少年の肖像》
Master Le Bec
1926年 油彩・カンヴァス

関連イベント

ミュージアムセミナー

発掘30年!謎の古代寺院、池辺寺

【日時】6月25日(土曜日)14時00分~15時00分
【場所】本館講堂
【講師】網田龍生氏(熊本城調査研究センター副所長)
【参加費】無料
【申込】不要

学芸員によるギャラリートーク

会期中の毎月第二・第四日曜日の14時から、当館学芸員が展示作品の中から毎回テーマを決めて30分程度解説いたします。開始時間前に二階会場入口までお越し下さい。なお、ギャラリートークのご参加には観覧料が必要となりますので、ご注意下さい。

学芸員によるギャラリートーク

会期中の毎月第二・第四日曜日の14時から、当館学芸員が展示作品の中から毎回テーマを決めて30分程度解説いたします。開始時間前に二階会場入口までお越し下さい。なお、ギャラリートークのご参加には観覧料が必要となりますので、ご注意下さい。

実施日・テーマ

6月12日 キスリング《ル・ベック少年の肖像》について(岡田真梨子)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)