ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 熊本県立美術館 > 展覧会 > これまでの細川・美術館コレクション展(第2展示室) > [2018年度]第1期 美術館コレクション〈特集〉フジタとパリの画家たち

本文

[2018年度]第1期 美術館コレクション〈特集〉フジタとパリの画家たち

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0009252 更新日:2020年8月4日更新

藤田嗣治没後50年

会期
2018年4月27日(金曜日)~2018年7月15日(日曜日)

会場
熊本県立美術館 美術館コレクション展示室
(本館2階展示室第2-3室)

休館日​
毎週月曜日
ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館

観覧料
一般420円(300円)、大学生250円(190円)

  • ( )内は20名以上の団体料金
  • この料金で「細川コレクション」「美術館コレクション」の両方をご覧になれます。
  • 高校生以下 無料/障がい者手帳をお持ちの方 無料
    ※展示室ごとの個別の料金もございます。受付にておたずね下さい。

 

​出品リスト(PDFファイル:270KB)

〈特集〉藤田嗣治没後50年 フジタとパリの画家たち【本館2階展示室第3室】

 2018年は藤田嗣治(レオナール・フジタ)の没後50年にあたります。この機会に、当館所蔵のフジタ作品と、ゴヤ、ドラクロワ、ピカソ、ボナール、カンディンスキー、エコール・ド・パリの画家や海老原ら、パリを訪れた画家たちの作品を展示します。あわせて同時代の美術雑誌や書籍、画家自身の言葉をひもとき、当時の日仏美術の歴史をご紹介します。いつもと少し違った角度から、熊本ともゆかりの深い、一人の画家の複雑な内面に迫ります。

〈常設展示〉【本館2階展示室第2室】

 別棟展示室での堅山南風《争魚》の公開にあわせ、当館所蔵の近代日本画作品などを展示します。

青砥藤綱探銭図
高橋廣湖
《青砥藤綱探銭図》明治30年(1897)
熊本県立美術館所蔵

源氏入京図
山中神風
《源氏入京図》明治時代末期(20世紀)
熊本県立美術館所蔵

貴賤苦楽
高橋廣湖
《貴賤苦楽》明治35年(1902)
熊本県立美術館所蔵

関連イベント

ミュージアムセミナー

フジタとパリの画家たち(仮)

【日時】5月26日(土曜日)14時00分~15時00分
【場所】本館文化交流室
【講師】岡田真梨子(当館学芸員)
【参加費】無料
【事前申込】不要

子ども美術館

レオナール・フジタってどんな人?

【日時】5月27日(日曜日)10時30分~12時00分
【場所】本館文化交流室
【参加費】無料(保護者は要観覧料)
【事前申込】不要(当日受付40名)

学芸員によるギャラリートーク

会期中の毎月第二・第四日曜日の14時から、当館学芸員が展示作品の中から毎回テーマを決めて30分程度解説いたします。開始時間前に二階会場入口までお越し下さい。なお、ギャラリートークのご参加には観覧料が必要となりますので、ご注意下さい。

実施日・テーマ

5月13日(日曜日)

  • 幕末から明治にかけて活躍―斉護・韶邦・護久─(宮川聖子)
  • 熊本発・近代日本画の系譜(林田龍太)

5月27日(日曜日)

  • 武家女性の装い(才藤あずさ)
  • フジタとパリの画家たち(岡田真梨子)

6月10日(日曜日)

  • 武家女性の装い(才藤あずさ)
  • 熊本発・近代日本画の系譜(林田龍太)

6月24日(日曜日)

  • 幕末・維新期の甲冑(有木芳隆)
  • フジタとパリの画家たち(岡田真梨子)

7月 8日(日曜日)

  • 熊本発・近代日本画の系譜(林田龍太)
  • フジタとパリの画家たち(岡田真梨子)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)