ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 熊本県立美術館 > 展覧会 > これまでの特別展 > [2019年度]歌川広重展―東海道五拾三次を描いた天才浮世絵師の叙情の世界

本文

[2019年度]歌川広重展―東海道五拾三次を描いた天才浮世絵師の叙情の世界

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0009236 更新日:2020年8月1日更新

テレビ熊本開局50周年記念

会期
2019年7月20日(土曜日)~2019年9月1日(日曜日)

会場
本館1階展示室

休館日
月曜休館 月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館
※7月29日(月曜日)は障がいのある方々のための鑑賞デーとして開館

観覧料
大学生以上 1,200円(1,000円)、小中高生 700円(500円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※未就学児無料、障がい者手帳をお持ちの方無料

展覧会チラシ画像

歌川広重展―東海道五拾三次を描いた天才浮世絵師の叙情の世界

開催情報

【主催】TKUテレビ熊本、熊本県立美術館

展覧会概要

 歌川広重・不朽の名作「東海道五拾参次」、「五拾参次名所図会」、「名所江戸百景」など、郷愁と叙情の世界を四季の雪月花になぞらえて紹介。また、英山、豊国、国貞らの名品も特別展示します。

関連イベント

障がいのある方々の鑑賞デー

通常休館日である月曜日を臨時開館とし、障がいのある方々にゆっくりと展覧会をご観覧頂くためのイベントです。午前・午後に分けて、学芸員による手話通訳付きの解説も行なわれます。一般の方もお越しいただけますので、ぜひご来館下さい。
【日時】7月29日(月曜日)

おしゃべり鑑賞タイム

「子ども美術館」開催日の正午から午後2時までの2時間を「話しながら鑑賞してもよい」時間帯とするものです。ご家族やお友達とお話ししながら鑑賞を楽しめます。
【日時】8月4日(日曜日)12時00分~14時00分