ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 熊本県立美術館 > 展覧会 > 特別展 > [2021年度]エビハラがいた時代(ころ):1945-1976

本文

[2021年度]エビハラがいた時代(ころ):1945-1976

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0086170 更新日:2021年2月26日更新
  • 会期
    2022年2月25日(金曜日)~2022年3月30日(水曜日)
  • 会場
    本館第1展示室
  • 休館日
    月曜日休館 祝日の場合は開館し、翌平日休館
  • 観覧料
    未定

《曲馬》の作品画像
海老原喜之助 《曲馬》
昭和10(1935)年 熊本県立美術館所蔵

エビハラがいた時代(ころ):1945-1976

開催情報

【主催】熊本県立美術館/熊本県教育委員会、熊本日日新聞社、RKK熊本放送

展覧会概要

海老原喜之助は日本の近現代美術史に大きな足跡を残した画家です。戦争末期から15年もの間、彼は制作の拠点を熊本に置き、数々の話題作を中央画壇に発表。さらに画塾・海老原美術研究所で若手画家たちを育てつつ、公募展の審査やパブリック・アートの制作を通して、戦後の熊本美術界に多大なる影響を与えました。本展では、海老原作品や資料、そして彼に学んだ画家たちの作品を通して、「エビハラがいた時代」を再現します。

関連イベント
※新型コロナウイルス感染症の感染状況により変更・中止する場合があります。

ミュージアムセミナー 「エビハラがいた時代」

【日時】3月5日(土曜日) 14時00分~15時00分
【場所】本館文化交流室
【講師】林田龍太(当館学芸員)
【参加費】無料
【参加方法】1ヵ月前をめどにお知らせします。

子ども美術館 「エビハラがいた時代」

【日時】3月6日(日曜日)10時30分~12時00分
【場所】本館文化交流室
【参加費】無料
【参加方法】1ヵ月前をめどにお知らせします。

おしゃべり鑑賞タイム

正午からの2時間を「おしゃべりしながら鑑賞してもよい」時間帯とするものです。ご家族やお友達とお話ししながら鑑賞を楽しめます。

【日時】3月6日(日曜日)12時00分~14時00分