ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 熊本県立美術館 > 展覧会 > これまでの細川コレクション展(別棟展示室) > [2021年度]細川コレクション 細川コレクションのあれこれ―学芸員のイチオシ

本文

[2021年度]細川コレクション 細川コレクションのあれこれ―学芸員のイチオシ

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0085842 更新日:2022年3月22日更新
  • 会期
    2022年1月8日(土曜日)~2022年3月21日(月曜日・祝日)
    ※会期中に一部展示替えを行ないます。
  • 会場
    本館 別棟展示室
  • 開館時間
    午前9時30分~午後5時15分(ただし、入館は午後4時45分までにお願いいたします。)
  • 休館日
    月曜日休館 祝日の場合は開館し、翌平日休館
  • 観覧料
    一般210円(160円)、大学生130円(100円)
    【第2展示室との共通料金】
    一般430円(310円)、大学生260円(200円)
    ※( )内は団体20名以上の料金
    ※高校生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方無料
    ポスター
    チラシ (PDFファイル:2.29MB)
    出品リスト (PDFファイル:119KB)


《孔子像》の彫刻画像
《孔子像》 江戸時代後期(18世紀)
永青文庫所蔵 (熊本県立美術館保管)

洋人奏楽図 右隻


洋人奏楽図 左隻

国指定重要文化財《洋人奏楽図屏風》桃山時代(16世紀)
右隻(上):1月8日~2月13日に展示 左隻(下):2月15日~3月21日に展示
永青文庫所蔵 当館寄託

 

ヴィシュヌ

《ヴィシュヌ立像》インド、ポスト・グプタ時代(7~8世紀) 永青文庫所蔵 当館保管

細川コレクションのあれこれ―学芸員のイチオシ

開催情報

【主催】熊本県立美術館/熊本県教育委員会、熊本日日新聞社、RKK熊本放送
【特別協力】公益財団法人永青文庫
【協力】肥後銀行

展覧会概要

 永青文庫が所蔵する細川コレクションには、様々な時代や分野の美術品がありますが、本展覧会では、3つのテーマのもとに学芸員イチオシの細川コレクションを展示し、「あれも細川コレクションだったのか!」や、「細川コレクションによってこんなこともわかるのか!」といった発見や驚きを提供します。
 なかでも、令和2年度(2020年度)に当館が実施した永青文庫預り品調査において見いだされたブロンズ製の孔子像は、今回が初公開の作品!孔子と言えば、誰もが知る儒教の始祖ですが、そもそも孔子とはどのような人物だったのでしょうか?知っているようで知らない孔子の人となりや、儒教にまつわる美術をご紹介します。
 また、国指定重要文化財《洋人奏楽図屏風》は、桃山時代(16世紀)に日本人絵師が制作した作品で、リュートやハープを奏でながら語らう貴人や、葡萄の収穫など、西洋的なモチーフが盛りだくさん。葡萄酒醸造をはじめとして細川家に浸透した洋風文化とともにご紹介します。
 このほか、細川家16代当主・細川護立が収集したアジアの仏像や神像を展示します。日本の仏像とは異なるエキゾチックな世界をお楽しみください。​

関連イベント
※新型コロナウイルス感染症の感染状況により変更・中止する場合があります。

おしゃべり鑑賞タイム

正午からの2時間を「おしゃべりしながら鑑賞してもよい」時間帯とするものです。ご家族やお友達とお話ししながら鑑賞を楽しめます。

【日時】3月6日(日曜日)12時00分~14時00分

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


収蔵品データベースへのリンクバナー<外部リンク>

インスタグラムへの外部バナー<外部リンク>

熊本県立美術館youtube公式チャンネル<外部リンク>

熊本県立美術館ツイッターのロゴ<外部リンク>

アートラクトのツイッターバナー<外部リンク>

ポケット学芸員

おうちで美術館へのリンクバナー

熊本県立美術館分館外部リンクバナー<外部リンク>

熊本県チャットボット