ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 熊本県立美術館 > 展覧会 > これまでの特別展 > [2020年度]生の芸術 Art Brut(アール・ブリュット) 展覧会Vol.6

本文

[2020年度]生の芸術 Art Brut(アール・ブリュット) 展覧会Vol.6

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052509 更新日:2020年10月1日更新

会期
 2020年10月6日(火曜日)~10月18日(日曜日)

会場
 本館文化交流室

休館日
 月曜日休館 祝日の場合は開館し、翌平日休館
 ※10月12日(月曜日)は、障がいのある方々のための鑑賞デーとして開館

観覧料
 無料

アール・ブリュット展覧会ポスター

生の芸術 Art Brut(アール・ブリュット) 展覧会Vol.6

開催情報

「第62回熊本県芸術文化祭参加事業」

【主催】アール・ブリュット(生の芸術)パートナーズ熊本
【共催】熊本県立美術館、社会福祉法人愛隣園
令和2年度熊本県障がい者芸術文化普及支援事業(令和2年度厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業)

展覧会概要

 アール・ブリュット(生の芸術)パートナーズ熊本では、「生の芸術 Art brut アール・ブリュット展覧会Vol.6」を開催します。
 障害のある人々らの自由で創造性あふれる作品は、描く人、作品の生まれる環境を支える人、見る人をつなぐ静かな力を持っています。
 熊本の誇りである城内の熊本県立美術館本館で、「生の芸術 Art Brut展覧会vol.6」を企画し、アール・ブリュット作品に流れる、ありのままに表現して生きるメッセージをお伝えします。
 おかげさまで、県立美術館での展示は本年で4年目を迎えました。今年は新型コロナウィルスの影響で社会全体が自粛ムードとなる中、こつこつと描かれた、心に灯をともす作品が揃います。ご来場の皆様を励ます展覧会となること祈り開催いたします。(アール・ブリュットパートナーズ熊本)

アール・ブリュット(Art Brut)とは

 Art=芸術
 Brut=ワインが生であること
 フランスの画家ジャン・デュビュッフェが提唱した概念で、正規の美術教育を受けていない人が自発的に生み出した、既存の芸術に影響を受けていない絵画や造形のことを言います。