熊本県
現在、大規模災害時モードで表示されています。

林産加工部の業務概要

最終更新日:
農林水産部 林業研究・研修センター TEL:096-339-2221 FAX:096-338-3508 メール ringyouken28@pref.kumamoto.lg.jp

 当センターでは、県行政の方向性に配慮しつつ、依頼試験等を通じて産業界への技術支援を行うとともに、生産現場からのニーズ、全国の先進的な技術開発の研究情報等に基づく研究シーズなどを十分に検討し、迅速かつ効率的に技術開発を行うこととしています。

 林産加工部では、大径化するスギ・ヒノキの材質や乾燥方法、新たな利用技術など県産木質資源の有効な利活用に関する研究、あるいは地域材を活用したキノコ栽培など特用林産物の生産技術の改良・改善に関する研究に取り組むとともに、企業からの依頼試験等を通じて林産加工業ならびに山村地域の活性化支援に努めています。

令和2年度の主な研究等内容

(1) 長く・断面寸法が大きい構造材の乾燥に関する研究(平成30年度~令和2年度)

(2) スギ大径材の利用方法と利用技術に関する研究(平成27年度~令和2年度)

(3) 県産ヒノキ中大径材を活用するための性能の明確化に関する研究(令和2年度~令和4年度)

(4) 県産大径丸太の強度から建築部材の強度を予測する技術開発(平成28年度~令和2年度)

(5) 原木しいたけ栽培の省力化・効率化に関する研究(令和元年度~令和5年度)

林産加工部の研究概要R2

 林産加工部の研究概要R2(PDF:424.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

 

県産木材試験・利活用支援室の業務

 県内のスギ等人工林資源が充実しており、県産木材の需要拡大に向けた取組をより一層加速化することが望まれます。そこで、当センターにおいては、製材業、建築設計事務所、工務店などに対する技術支援の窓口として「県産木材試験・利活用支援室」を林産加工部内に開設しています。関係業界に対して技術的な支援を行い、またその成果の発信を行っています。

 

このページに関する
お問い合わせは

農林水産部 林業研究・研修センター
電話:096-339-2221
ファックス:096-338-3508
メール ringyouken28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:6691)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.