熊本県
現在、大規模災害時モードで表示されています。

避難所へ避難する際の注意事項(新型コロナウイルス感染症への対策)

最終更新日:

 

 新型コロナウイルス感染症については、日本国内においても感染経路が特定できない症例が多数に上り、かつ、急速な増加が確認されています。

 こうした状況で、大雨などの自然災害が発生し、避難所に避難することになった場合、感染症対策に万全を期すことが重要となります。

 各市町村では、避難所の感染症対策を進めておりますが、県民のみなさまも、可能な限りの感染症対策を行っていただきますようお願いします。

 

 

避難所へ避難する際の注意事項

 

自宅の災害リスクと、とるべき行動の確認(3つの密(密閉・密集・密接)を避ける)           

 台風・豪雨時に自宅の外に避難が必要かどうか、あらかじめハザードマップで確認しましょう。
 併せて、自身が取るべき避難行動を「避難行動判定フロー」で確認し、事前に避難場所を選定しましょう。
 また、気象情報や河川水位情報などの防災情報は、県のホームページ等から最新のものを入手してください。

 「避難」とは「難」を「避」けることであり、これらの確認の結果、安全な場所にいる場合は、必ずしも避難場所に行く必要はありません。

 

 ※ハザードマップの確認や最新の防災情報はこちらから
  防災情報くまもと https://portal.bousai.pref.kumamoto.jp別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 ※ 知っておくべき5つのポイント(PDF:246.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

 ※ 避難行動判定フロー(PDF:2.07メガバイト) 別ウインドウで開きます

 ※ 避難情報のポイント(PDF:2.16メガバイト) 別ウインドウで開きます

 

 

マスク、その他必要な物品の持参

 避難にあたり、マスク、タオル、体温計、常備薬、食料など、自身が必要とする物品は持参できるように用意しておきましょう。

 

 

手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

 頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底しましょう。
 
 ※咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、
  口や鼻をおさえることです。 
 

 

 

                      出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html)

 

身の回りの物品等の清掃

 物品等は、定期的に、および目に見える汚れがあるときに、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、身の回りをできる限り清潔にしましょう。
 
 

発熱、咳等の症状が出た方について

 発熱、咳等の症状が出た方、体調が優れない方は、速やかに避難所運営スタッフに申し出ましょう。
 
 
 このほか、避難にあたっては、避難所を開設する市町村が定めるルールに従い行動してください。
 
 
くっつかないモン手を洗うモン換気をするモン
 
 (参考)
 ・新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)(厚生労働省HP) 
 ・新型コロナウイルスに関するお知らせ(県民の皆さまへ)(熊本県HP)
 
 
 

このページに関する
お問い合わせは

知事公室危機管理防災課、健康福祉部健康福祉政策課地域支え合い支援室
電話:096-333-2115、096-333-2819
ファックス:096-383-1503、096-384-9870
メール kikibosai@pref.kumamoto.lg.jp、sasaeai@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:32909)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.