熊本県

病虫化学研究室

最終更新日:

試験研究の概要

 土壌肥料部門では、樹体の栄養生理、温暖化やマルチ栽培条件下での効率的な施肥方法、窒素、リン酸、カリの施肥量削減の可能性について研究しています。
 病害虫部門では、難防除病害虫に対する生態解明及び効率的防除技術の開発、天敵や耕種的防除技術を組み合わせた総合的防除技術の開発について研究しています。
果樹病害の防除体系の研究の様子の写真

施肥技術の開発に関する写真

果樹病害の防除体系の開発(右は病害果樹)

施肥技術の改善(右下は肥効調節型肥料)

病害の発生状況や防除効果を調査し、効果的な防除技術体系を開発しています。

温暖化やシートマルチ栽培に対応した効率的な施肥技術を開発しています。

天敵利用による防除体系に関する写真

樹体栄養成分の分析風景の写真

天敵利用による総合防除体系(右はカブリダニ用トラップ)

樹体栄養成分の分析風景

ミカンハダニの天敵であるカブリダニ類を活用して減農薬防除体系を開発しています。

施肥法、土壌管理等が樹体に及ぼす効果を明らかにするために葉、土壌成分を分析しています。


(ID:1091)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.