ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 循環社会推進課 > 新型コロナウイルス感染症の流行に伴う産業廃棄物処理業(収集運搬業・処分業)許可申請の取扱いについて

本文

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う産業廃棄物処理業(収集運搬業・処分業)許可申請の取扱いについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050764 更新日:2020年10月1日更新

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う産業廃棄物処理業(収集運搬業・処分業)許可申請手続の取扱いについて

1 変更の概要

産廃処理業許可申請・審査については、持参・面談で行っておりますが、感染拡大防止のため、下記のとおり、郵送による申請とすることとします。

  1. 対象期間
    当面の間(今後、変更となる場合があります。)
  2. 対象となる申請
    • (特別管理)産廃処理業(収集運搬業・処分業)許可申請
  3. 申請方法(持参⇒郵送)
    • 通常、申請書を県庁又は保健所に持参していただいておりますが、対象期間においては、原則、県庁又は保健所へ申請書を郵送して下さい。
    • 対面による審査を行いませんので、必ず、新たに作成した「チェック表」で申請書を確認して下さい(チェック表は申請書と一緒に郵送)
    • 申請前にこれまでどおり、事前の電話連絡(申請窓口一覧(PDFファイル:95KB))をお願いします。
    • 持参する必要がある場合は、事前に電話で相談して下さい。

書類審査方法(対面⇒電話・Faxによる内容確認・補正依頼)

  • 通常、対面による書類審査及び補正のお願いをしておりますが、対象期間においては、郵送いただいた申請書に対し電話等で内容を確認し、補正等 については「チェック表」等によりFax等で内容を連絡します。

収入証紙(申請手数料)(審査後に貼付⇒申請書に貼付)

  • 通常、対面による書類審査後に県庁地下売店又は保健所の証紙売りさばき所で購入し、申請書に貼付していただきますが、対象期間においては、申請書にあらかじめ貼付のうえ書留等の方法により郵送して下さい。
  • 収入証紙は、県庁地下売店で郵送による販売を行っていますので、現金書留に返信用封筒を入れ、購入して下さい(詳細な手続きは熊本県収入証紙の売りさばき所一覧を参照)。
    ※その他手続の詳細は「2 変更に伴う留意点」以下を御参照願います。

2 変更に伴う留意点

  1. 申請書の提出について
    (収集運搬業)
  2. 申請書の郵送方法
    • 申請書は一般書留等の損害賠償等が付帯する方法により郵送してください。
      ※郵便物が届かないなどのトラブルについて、本県は責任を負いかねます。
  3. 申請手数料(収入証紙)について
    • 事前に収入証紙売りさばき所にて購入し、必ず申請書に貼付して申請してください(貼らずに提出しないでください。)。
      ※熊本県庁売店(096-381-1060(熊本県庁売店直通))では、現金書留による郵送による販売にも対応しています。
       熊本県庁売店のHPに郵送による購入方法が記載されています。
       URL:熊本県収入証紙の売りさばき所一覧​
       郵送等により購入する場合、時間がかかることが予想されますので、期間に余裕を持った購入をお願いします。
      申請手数料の額(収入証紙)をくれぐれも間違えないよう、十分確認のうえ貼付してください。
       申請手数料:廃棄物処理業申請手数料一覧(PDFファイル:39KB)
       貼付欄 収集運搬業:申請書様式第3面、処分業:申請書様式第1面裏面
      ※印紙及び台紙双方に消印がかかることができるように貼付してください。重ね貼りなどしないようお願いします。
      ※必要書類の添付がすべて確認でき次第、消印を行います。
  4. 申請書副本について
    • 申請書第1面の1枚のみ写しを添付してください。受理決定後、当該写しに受付印を押印し、返送します。
      申請日付の記入、申請者印の押印のうえ、送付をお願いします。
      ※本県担当からの補正のお願い等については、必ず、正本だけではなく、副本にも反映していただきますようお願いします。
      ※申請書副本、講習会終了証等返送のため、返信用封筒の同封をお願いします(郵送手数料の不足がないようお願いします。)。
      ※許可証については、許可後、本県負担により特定記録郵便により別途郵送します。
  5. 事前の電話連絡について
    • 申請書発送前(持参前)に必ず申請窓口まで電話連絡(申請窓口一覧(PDFファイル:95KB))をお願いします。
      ※郵送トラブル防止のため事前の電話連絡のない郵送による申請は受け付けません。
      ※受理を行った場合、申請書副本、講習会終了証原本の返送があります。
      ※受理を行っていない場合は、本県担当から、電話による書類補正等の電話連絡をします。
  6. 更新申請の受付期間について
    • 現行の取扱いと同じく、更新期限の2か月前からの申請を受け付けます。
      情勢によっては、郵送遅配等の発生も懸念されますので、更新期限直前ではなく、余裕を持った申請をお願いします。
  7. 公財)日本産業廃棄物処理振興センターが実施する講習会修了証の写しの添付について
    • 原則として現行の取扱いどおり添付(原本及び写し)を必須とします。
    • 申請者(法人の場合は役員)が講習会を受講し、合格することが必要となります。
    • 講習会の修了証には有効期間があり、新規の講習会は5年間、更新の講習会は2年間です。
    • 修了証原本は原本確認後、申請書副本と共に郵送で返却します。
    • 令和2年5月まで講習会の開催が中止されている影響で、講習会修了証の添付ができない場合は 申請窓口(PDFファイル:95KB)までご相談ください。
      日本産業廃棄物処理振興センター<外部リンク>

3 申請書及び添付書類の作成について

  • 申請書及び添付書類をダウンロードし、記載例を参考に作成してください。
  • 添付書類一覧表(添付書類チェックリスト)の順番通りに並べて、提出してください。
  • 申請書には必ず押印ください。
  • 事業範囲の記載においては、取り扱う品目に、
    • 石綿含有産業廃棄物が含まれるか否か
    • 自動車等破砕物が含まれるか否か
    • 水銀使用製品産業廃棄物が含まれるか否か
    • 水銀含有ばいじん等が含まれるか否か
    • 積替え保管を行うか否か
    • 特別管理産業廃棄物を除くこと を明記してください(特別管理産業廃棄物収集運搬業を除く)。

申請書様式関係 産業廃棄物処理業(収集運搬業・処分業)許可・届出関係様式

4 申請書の提出先

  • 本社の所在地(個人の場合は住所)が熊本市以外の県域の場合、管轄の保健所が提出先です。
  • 本社の所在地(個人の場合は住所)が熊本県外の場合、熊本県循環社会推進課が提出先です。
  • 本社の所在地(個人の場合は住所)が熊本市内で、熊本市以外の県域でも業を行う場合は、熊本県循環社会推進課が提出先です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)