ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 子ども家庭福祉課 > ヤングケアラーについて

本文

ヤングケアラーについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0126814 更新日:2022年2月25日更新

ヤングケアラーとは

本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っていることにより、学校に行けなかったり、友達と遊ぶ時間がないなど、子ども自身の権利が守られていないと思われる子どものことを言います。
ヤングケアラーとは

熊本県ヤングケアラー相談支援センターの開設について

熊本県では、ヤングケアラーへの支援を推進するため、令和4年7月8日から熊本県ヤングケアラー相談支援センターを開設しました。
○場  所:熊本市東区月出3丁目1-120
○相談時間:平日 午前8時30分から午後5時まで
○電話番号:096-384-1000
○対 象 者:原則として、熊本県内在住(熊本市を除く)の18歳未満の者
      又はその関係者
○事業内容:
 ・ヤングケアラー・コーディネーターの配置による相談対応
 ・ピアサポート等相談支援
 ・オンラインサロンの設置・運営
 ・関係機関等を対象とした研修会の開催

ヤングケアラーの実態に関する調査結果ついて

県内の小学校(抽出)、すべての中学校、高等学校及び、すべての中学2年生、高校2年生を対象に、学校や家庭での生活状況の中で抱えている悩みや困りごとなどをお聞かせいただき、その解決に必要な支援策を検討するためにアンケート調査を実施しました。

調査目的

ヤングケアラーについての県の実態を把握し、具体的な支援策を検討すること。

調査期間

令和3年9月1日~10月6日
※当初予定の調査期間(令和3年9月30日まで)を延長

調査対象

 
  学校用 生徒用
調査名 学校におけるヤングケアラーへの対応に関するアンケート調査 中高生の生活実態に関するアンケート調査
調査対象

・県内の公立小学校(教育事務所単位で2校ずつ計22校)

・県内すべての中学校(172校)

・県内全ての高等学校(85校)

・県内全ての中学2年生(約17,000人)

・県内全ての高等学校2年生(約15,000人)

調査方法 Web回答 Web回答

 

調査票

調査結果

調査報告書(分割版)

厚生労働省関連リンク

ヤングケアラー支援マニュアル等

リーフレット1
リーフレット2

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)