ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 納税(寄附)のお申し込み

本文

納税(寄附)のお申し込み

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050519 更新日:2020年10月1日更新

寄附申し込みに関するお問い合わせ先

 熊本県税務課 096-333-2098 (受付時間:平日の8時30分~17時)
 ※熊本県による熊本県内市町村への寄附受付は、平成31年(2019年)3月31日入金分をもって終了しました。
 平成31年(2019年)4月1日以後の熊本県内市町村への寄附は、直接各市町村に行ってください。

1 お申し込み方法

1 パソコンで電子申請をされる場合

 ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」「ANAのふるさと納税」から申し込みできます。電子申請の画面で必要事項を入力し、送信してください。

​(クレジット納付のみ) ※クレジット納付を希望される方は、必ず電子申請からお申込み下さい。

2 寄附申込書の様式をダウンロードされる場合

 様式をダウンロードして寄附申込書をご記入いただき、次のいずれかの方法でお送りください。
 メール : k-furusato-n@pref.kumamoto.lg.jp
 ファックス : 096−387−4901
 郵送 : 〒862−8570(住所記載は不要です) 熊本県総務部市町村・税務局税務課 行き
 様式はこちら

 ※県に対し1万円以上寄附された方へは「感謝の品」をお贈りしています。(県内在住の方に対しては、ふるさと納税の趣旨を踏まえ、贈呈していません。)
 詳細については、以下のサイトをご覧下さい。
 熊本県を応援していただいた皆様へ・・・

3 パンフレットの「寄附申込書」に記入して郵送される場合

 ふるさとくまもと応援寄附金パンフレット(令和2年10月1日から適用)(PDFファイル:7.82MB)
 このパンフレットをお持ちの方は、添付されている「寄附申込書」に必要事項をご記入のうえ、ファックス又は郵送してください。
 このパンフレットをご入り用の際は、お送りしますので、下記までご連絡ください。
 熊本県庁総務部市町村・税務局税務課 電話:096−333−2098
※寄附は熊本県を応援またはご支援いただく皆様の善意に基づく自発的なものであり、寄附金募集をかたっての寄附の強要、詐欺行為には十分注意してください。

2 寄附金の納付方法

1 銀行等の金融機関でお振り込み(A,Bのどちらかをお選びください。)

 A 県から送付する納入通知書によりお振り込み(手数料は不要です)
 申込書受付後速やかに、納入通知書を郵送します。
 納入通知書に記載された取扱金融機関からお振り込みください。
 熊本県外での取扱金融機関は、みずほ銀行、肥後銀行熊本銀行となります。

 B 専用口座(肥後銀行)にお振り込み(手数料がかかります)
 申込書受付後速やかに、電子メール又は郵送で専用の口座番号をお知らせします。
 最寄りの金融機関からお振り込みください。
 ※「銀行等」を選択された方に、県から郵送した納入通知書以外での振込、
 またはお知らせした口座番号以外への振込をお願いすることは、一切ございません。

2 郵便局で払込み(手数料は不要です)

 申込書受付後速やかに、専用の払込取扱票を郵送します。
 最寄りの郵便局からお振り込みください。
 ※「郵便局」を選択された方に、県から郵送した払込取扱票以外での振込をお願いすることは、一切ございません。

3 クレジットカードでお支払い(手数料は不要です)

 ※VISA、JCB、MasterCard、American Express、ダイナースが使用できます。

ビザのマークジェーシービーのマークマスターカードアメリカンエクスプレスのマークダイナースのマーク

 ※利用金額は、5,000円以上でお願いします。
 ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス<外部リンク>」または「ANAのふるさと納税<外部リンク>」から寄附申込をお願いします。
申込フォームでの申込手続き完了後、画面の表示に沿って、クレジット納付をお願いします。
 ※ ご利用のカード会社の規約に基づき、所定の支払日に口座から引き落とされます。

4 現金書留で送金(郵送料等がかかります)

 こちらの宛先へ郵送してください。 →〒862−8570(住所記載は不要です) 熊本県総務部市町村・税務局税務課
 寄附申込書を同封し、申込みと同時に送金していただいても結構です。
 ※「現金書留」を選択された方に、熊本県庁総務部市町村・税務局税務課以外へ郵送をお願いすることは、一切ございません。

5 窓口で直接支払い

 寄附金を持参される場合は、こちらの窓口までお持ちください。

3 確定申告(税金の控除を受けるための手続き)

 毎年1月1日~12月31日までに行った寄附について、翌年3月15日までに最寄りの税務署に所得税の申告を行ってください。(確定申告をすると、所得税の控除と個人住民税の控除が受けられます。)
 申告の際には、寄附金の受領を証明する書類(寄附金受領証明書)などが必要です。
 寄附金受領証明書は、ご入金から1か月半以内に県から郵送しますので、大切に保管してください。
 ※所得税の電子申告(e−Tax)<外部リンク>を利用する場合、領収書の添付は省略可(ただし、3年間自ら保存することが必要です。)
 ※住民税の寄附金控除だけを受けようとする場合には、所得税の申告の代わりに住所地の市区町村に申告を行っても構いません。(県から郵送する
 「寄附金税額控除申告書」をご利用いただけます。)この場合、所得税の控除は受けられませんので、ご注意ください。

4 ワンストップ特例制度について

 平成27年度から「ワンストップ特例制度」が創設され、給与所得者がふるさと納税を行う場合、寄附先が5団体までであれば「ワンストップ特例申請書」をふるさと納税先へ提出すれば確定申告が不要になります。
 なお、ワンストップ特例申請を希望される場合は、毎年の12月17日までに「寄附申込書」を提出し、12月31日までに入金くださいますようお願いいたします。
ワンストップ特例制度について<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)