ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > ふるさと納税(寄附金)とは・・・

本文

ふるさと納税(寄附金)とは・・・

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0001639 更新日:2020年8月1日更新

1 ふるさと納税(寄附金)とは

 現在お住まいの自治体へ納税している個人住民税の一部を、ふるさとの自治体へ、寄附というかたちで納税することができる制度です。
 (平成20年4月30日から)

2 実質的な負担は2千円

 一定の限度内(※)で寄附をすると、寄附金のうち2,000円を超える部分の金額が所得税と住民税から控除されます。
 つまり、実質的に負担する金額は、2,000円となります。

 (※)住民税の特例控除額は、個人住民税所得割額の2割が上限です。(詳細については、以下の「制度の概要」をご覧下さい。)

→ 制度の概要(PDFファイル:613KB)
※総務省「ふるさと納税ポータルサイト<外部リンク>」へリンクします。

3 毎年寄附できます

 寄附金控除は、毎年受けられます。したがって、この制度を活用することにより、継続して「ふるさとくまもと」を応援することができます。

 → 寄附のお申込はコチラ!

寄附額の上限の目安(寄附金控除額シミュレーションはこちら<外部リンク>(総務省 ふるさと納税ポータルサイトへリンクします)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)