熊本県

介護現場革新会議パイロット事業について

最終更新日:
  •   

介護現場革新会議パイロット事業について

 団塊の世代が後期高齢者となる2025年を間近に控え、介護人材の確保が重要かつ喫緊の課題となる中、県では、令和元年度、厚生労働省が全国7自治体で実施する介護人材の確保等に向けたパイロット事業(介護現場革新会議パイロット事業)に取り組みましたので、その事業概要・成果等をお知らせします。

                   

【熊本県が実施した具体的な取組】
1 介護職が語る言葉からの介護の魅力発信(「KAiGO PRiDE」プロジェクト)
2 介護ロボット・ICT・元気高齢者活用モデルの構築
3 福祉系高校等と連携した学校現場への働きかけ
4 認知症の啓発を通じた介護への理解促進
5 生涯現役促進地域連携事業との連携 など

 

【熊本版介護現場革新会議 開催状況】

1 第1回会議(令和元年(2019年) 8月  2日)

2 中間報告  (令和元年(2019年) 11月  9日)※介護現場革新シンポジウムとして開催

3 第2回会議(令和元年(2019年) 1月28日) 

(第2回会議資料) 

  01議事次第(PDF:100.6キロバイト) 別ウインドウで開きます  

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 高齢者支援課
電話:096-333-2215
ファックス:096-384-5052
メール koureishien@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:31437)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.