熊本県

LPガス保安機関認定更新について

最終更新日:

※ 申請に必要な書類をチェックシートで確認してください。

  •   必要書類の確認に用いたチェックシートは、申請書と一緒に提出してください。

 

書  類

(1)  保安機関認定更新申請書(様式第14)別ウインドウで開きます

   ※ 現在認定を受けている「一般消費者等の数」で申請書類を作成すること。

   但し、増加認可又は減少届を要する場合は、認定更新申請前に各事務を完了していること。

(1)-2 ・別紙

(2)  保安業務計画書(様式第13)別ウインドウで開きます

(2)-2 ・保安業務資格者数及び保安業務用機器数の算定

(3)  保安業務資格者一覧表別ウインドウで開きます

 ※ 「緊急時対応」を行う場合の「夜間・休日の受信方法」を明示すること。

 例) 自宅兼店舗、有資格者宅(事業所から10分以内)へ電話を転送、

    宿日直制で対応  など

<(3)の添付資料>

i) 保安業務資格者の免状等の写し(液化石油ガス設備士については、再講習受講印の頁を含む)

ii) 申請者と保安業務資格者の雇用関係を確認する書類

 例)社会保険証(保安機関の会社名等が記入されているもの)、控除源泉徴収票などの「写し」

iii) 業務主任者については、第二種販売主任者免状の写し(再講習受講印の頁を含む)

(4)  緊急時対応範囲図別ウインドウで開きます (一般消費者等の範囲を示した図面)

 ※ 自社対応分で一番遠い一般消費者等の位置に赤●印を記入すること。

   併せて、おおよその所要時間(○○分)と距離(○○km)を記入すること。

(5) 損害賠償の支払い能力を証する書面(付保証明書 ※LP協会等発行分 )

(6)  役員又は規則第33条に定める構成員の構成を説明した書面別ウインドウで開きます ※法人の場合のみ

(7)  会社概要別ウインドウで開きます ※個人事業の場合を含む

(8)定款の「写し」・・・※法人のみ 

 (9)法人登記簿の謄本・・・法人のみ

(10) 欠格事項に該当しないことの誓約書別ウインドウで開きます

(11) 保安業務用機器等の写真 注)

(12)前回更新時の保安機関認定書の「写し」 

(13)規則第132条の報告の「写し」(今回認定更新の直前の決算期にかかるもの)

(14)県収入証紙による更新手数料(@6,900円×「保安業務区分の数」+14,000円)

※5区分の場合は、48,500円


 

注)

保安業務用機器の数量は、写真で確認するので、事業所ごとに撮影し提出すること。

 

保安業務用機器:

自記圧力計、マノメーター、ガス検知器、漏洩検知液、CO測定器、

ボーリングバー、緊急工具類

 

また緊急工具類は、

(1)メガホン、(2)黄黒しまロープ(15m×2本)、(3)牛革手袋(左右)、(4)車止め、 (5)赤旗 …が確認できるように写すこと。

 

このページに関する
お問い合わせは
総務部 消防保安課 保安班
電話:096-333-2117
ファックス:096-383-1503
メール shoubouhoan@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:23375)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.