熊本県

花き研究室

最終更新日:

試験研究の概要

~品質の高い切り花を安定出荷する技術の開発~

  本県の花きは、冬春季は平坦暖地、夏秋期は高冷地を中心に産地が形成されています。シュッコンカスミソウ、トルコギキョウ、キク、カラー、アリアム、鉢物等、多くの品目が生産されています。

 農研センターでは、現在、切り花の開花調節、品質向上、低コスト化等の技術開発、並びにオリジナル品種の育成等に取り組んでいます。

1.オリジナル性が高く、特性に優れた花きの開発(湿地性カラー)
 2.低コスト・省力化技術による生産効率の向上(育苗技術等)
 3.高品質・安定生産技術の向上(出荷期間拡大技術、日持ち向上対策技術等)


【湿地性カラー】(生産量 全国2位)収量等に優れた品種、栽培管理及び種苗安定供給技術の開発

湿地性カラー左:「熊本FC01(ホワイトトーチ)」右「熊本FC02(ホワイトスワン)」ホワイトトーチのポスター

湿地性カラー

(左)熊本FC01「ホワイトトーチ」

(右)熊本FC02「ホワイトスワン」

ホワイトトーチのポスター

 

【湿地性カラー】(生産量 全国2位)収量等に優れた品種、栽培管理及び種苗安定供給技術の開発

トルコギキョウの花トルコギキョウ(2)

トルコギキョウの花

トルコギキョウの苗

 

【アリウム】(生産量 全国1位)熊本県特産花き「丹頂」の出荷期拡大技術の開発

アリウム

アリウム


 


このページに関する
お問い合わせは

農業研究センター企画調整部
〒861-1113
合志市栄3801
電話:096-248-6423
ファックス:096-248-7039
メール noukenkikaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1066)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.