熊本県県央広域本部
県央広域本部
サイト内検索

感染症患者等の移送に関する協定に係る移送訓練を実施しました

最終更新日:

 

感染症患者等の移送に関する協定に係る移送訓練を実施しました

 去る11月18日、19日、宇城広域連合消防本部南消防署において、感染症患者等の移送訓練を実施しました。
 訓練には、保健所職員及び宇城広域連合消防本部署員合わせて89人が参加、感染症患者及び感染症への感染が疑われる者が発生した場合に迅速に対応できるよう、エボラ出血熱をはじめとする一類感染症(※1)に関する講話の後、防護服の着脱やソフトアイソレータ(※2)の取扱いについての技能習得の訓練や救急車での患者搬送、車両消毒実演を行いました。

                                                                           
           防護服着脱訓練の様子      アイソレータの取り扱い

 

※1 一類感染症
   感染力や罹患した場合の重篤性などに基づく総合的な観点からみた危険性が極めて高い感染症。エボラ出血熱の他にクリミア・コンゴ出血熱、

  痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱などがある。
※2 ソフトアイソレータ
   密閉して患者を移送できるバッグ。エアーフィルターを通して中の空気を排出し、陰圧にする機能があり、ウイルスの拡散を防ぐことができる。

 

 

このページに関する
お問い合わせは

宇城地域振興局 保健福祉環境部総務福祉課
宇城市松橋町久具400-1
電話:0964-32-2416
ファックス:0964-32-2497
メール uhosoufuku25@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:29922)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.