ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 水産振興課 > 熊本県資源管理方針について

本文

熊本県資源管理方針について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0099333 更新日:2021年6月10日更新
 「漁業法」の改正と「海洋生物資源の保存及び管理に関する法律(TAC法)」の廃止に伴い、令和2年(2020年)12月1日付で漁獲可能量(TAC)管理の根拠法が、TAC法から漁業法に移行しました。
 これを受け、熊本県では熊本県資源管理方針を策定しました。
 本方針は熊本県が実施する水産資源の管理について、法律に基づく公的な管理から、漁業者による自主的な管理まで、資源管理に関する取り決めを包括的に定めるものです。
今後は、本方針に基づき熊本県の水産資源管理の施策を行います。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)