ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 森林保全課 > 保安林で土地の形質の変更などを行うときは許可申請が必要です

本文

保安林で土地の形質の変更などを行うときは許可申請が必要です

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0001870 更新日:2020年8月1日更新

説明

趣旨

 森林法(昭和26年法律第249号。以下「法」という。)第34条第2項に定める保安林(保安施設地区を含む。)における知事の許可(以下「作業許可」という。)を要する行為に関する手続きについて、森林法施行規則(昭和26年農林省令第54号)及び熊本県保安林制度実施要項に定めるもののほか、必要な事項を定めています。

作業許可を要する行為

 保安林においては、特に定めのある場合を除き、知事の許可を受けなければ、立竹を伐採し、立木を損傷し、家畜を放牧し、下草、落葉若しくは落枝を採取し、又は土石若しくは樹根の採掘、開墾その他の土地の形質の変更する行為をすることができません。(法第34条第2項)
 保安林において上記の行為を行う場合は、あらかじめ下記担当窓口にお尋ねください。

県広域本部(地域振興局)林務課

所在地

熊本県内

受付日

平日

受付時間

8時30分から17時15分まで

県南広域本部球磨地域振興局にあっては、森林保全課

農林水産部 森林局 森林保全課

所在地

熊本県庁本館10階

受付日

平日

受付時間

8時30分から17時15分まで

森林保全課 保安林班 電話 096-333-2451

この情報に関連する情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)