ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農産園芸課 > くまもとふるさと野菜

本文

くまもとふるさと野菜

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0091164 更新日:2021年3月31日更新

くまもとふるさと野菜とは?

熊本県が熊本の人や風土とのかかわりが強い野菜の中から選定した、伝統野菜・特産野菜のことです。

現在、伝統野菜15品目、特産野菜12品目を「くまもとふるさと野菜」に選定しています。

 
名称 定義及び品目
「くまもとふるさと伝統野菜」

(定義)

熊本の人や風土とかかわりが強く昭和20年以前から熊本県内で栽培されてきた野菜や伝統料理と結びつき伝統的に栽培されてきた野菜。

(品目)

・平成17年度選定

水前寺もやし、熊本ねぎ、熊本京菜、ひともじ、阿蘇高菜、あかどいも、鶴の子いも、地きゅうり、黒菜、熊本赤なす、水前寺菜、赤崎からいも、佐土原なす、はなやさい天草1号

・平成18年度選定

赤大根

伝統野菜15品目 (PDFファイル:2.27MB)

「くまもとふるさと特産野菜」

(定義)

伝統野菜以外の熊本県内の限定された地域の人や風土とのかかわりが強い野菜で、栽培が地域に定着している野菜。

(品目)

・平成17年度選定

水前寺せり、ばってんなす、まこもたけ、大長なす、水田ごぼう、すいおう、色見すいか、ヒゴムラサキ、塩トマト、サラダたまねぎ

・平成18年度選定

茎ブロッコリー、上津深江すいか

特産野菜12品目 (PDFファイル:1.73MB)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)