ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農業研究センター > 熊本県農業研究センター試験研究について

本文

熊本県農業研究センター試験研究について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050261 更新日:2021年8月20日更新

1.令和3年度(2021年度)からの新規研究課題(中課題)

 熊本県農業研究センターでは、試験研究の重点化の方向や推進方策を定めた熊本県農業試験研究推進構想に基づいて、稼げる農業を目指して、農家の当面する課題や要望の強い課題等を技術面から解決すべく、試験研究の選択と集中を行い、生産現場に密着した研究開発に取り組んでいます。

1.くまもとの魅力を発信できる新品種の開発・選定

  • 継続課題のみ

2.稼げる農業を目指した革新的な生産技術の開発

 
新規研究課題名 研究所名
単為結果性ナス「PC筑陽」の栽培技術の確立 農産園芸研究所
特産花きの年内出荷品質向上と二度切り栽培における需要期出荷技術の確立 農産園芸研究所
特産花きの低温貯蔵技術の開発 農産園芸研究所
トルコギキョウ立枯症の解明と抵抗性品種の選定 農産園芸研究所
中山間地におけるサトイモの面積拡大を可能にする省力栽培体系の確立 高原農業研究所
ひと、豚、環境に優しい持続可能な養豚生産技術の開発 畜産研究所
飼料害虫ツマジロクサヨトウの被害実態の解明 畜産研究所
和牛肉の輸出拡大に向けたスマート放牧による素牛増産技術の開発 草地畜産研究所
環境変動等に対応した新たないぐさの生産加工技術の開発 アグリシステム総合研究所
中山間地活性化及び高齢化に対応したクリの安定的栽培技術の開発 球磨農業研究所
温暖化に対応したモモ「さくひめ」の栽培技術開発 果樹研究所、球磨農業研究所
天草地域における新品種「熊本EC12」の早期成園化に向けた栽培管理技術の確立 天草農業研究所

 

3.環境にやさしい農業を推進する技術の開発

  • 継続課題のみ

2.令和3年度(2021年度)各研究所別事業計画書

過去の事業計画はこちら

3.研究成果等の公表について

 研究成果は、定期刊行物や農業フェア(県農業公園)等を通じて公表しています。

研究成果パネルの展示の写真
農業研究センターの研究成果パネル

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)