ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 観光戦略部 > 観光交流政策課 > ヘボン式ローマ字の綴り方

本文

ヘボン式ローマ字の綴り方

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0002903 更新日:2020年8月1日更新

ヘボン式ローマ字一覧

ローマ字:50音

※「ん」は「N」と綴りますが、「B」「M」「P」の前の撥音については「M」と綴ります。
※なんば → NAMBA
※ほんま → HOMMA

ローマ字:濁音、半濁音、拗音

綴り方の注意事項について

1 撥音について

「ん」は「N」と綴ります。
ただし、「B」「M」「P」の前の撥音については「M」と綴ります。

(例)

 本田(ほんだ) HONDA
 菅野(かんの) KANNO

 難波(なんば) NAMBA
 本間(ほんま) HOMMA
 三瓶(さんぺい) SAMPEI

2 促音について

「っ」は子音を重ねて綴ります。ただし、「CH(ち・ちゃ・ちゅ・ちょ)」の前の促音については「T」と綴ります。

(例)

服部(はっとり) HATTORI
吉川(きっかわ) KIKKAWA
八丁(はっちょう) HATCHO
発地(ほっち) HOTCHI

3 長音について

長音の「O」や「U」は、原則記入しません。表記(O、U、H)を希望される場合は、各旅券窓口でご相談ください。

ア:氏名の末尾に「お」で表記される長音が含まれる場合は、「O」を記入します。

(例)

 横尾(よこお) YOKOO
 稲生(いのお) INOO

イ:氏名の末尾以外に「お」で表記される長音が含まれる場合は、「O」を記入しません。

(例)

 興梠(こおろぎ)KOROGI
 大野(おおの) ONO

ウ:氏名に「う」で表記される長音が含まれる場合は、「U」を記入しません。

(例)

 佐藤(さとう) SATO
 河内(こうち) KOCHI
 一朗(いちろう) ICHIRO
 裕子(ゆうこ) YUKO

4 外国式氏名のヘボン式ローマ字表記への変換について

ローマ字:外国語

このページに関するお問い合わせは 熊本県旅券センター(県庁新館1階)

電話096-333-2160 メールryoken@pref.kumamoto.lg.jp