ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 観光戦略部 > 観光交流政策課 > パスポートを損傷したとき

本文

パスポートを損傷したとき

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0002898 更新日:2020年8月1日更新

有効な旅券(パスポート)を損傷されたときは、その旅券(パスポート)を返納されて、新規に発給申請をお願いします。
その際は、損傷した経緯についてご説明をいただきます。

損傷の例

  • ページを切り取った。
  • 裏表紙裏の「所持人記入欄」以外のページ(査証欄等)に書き込みをした(旅券をメモ帳代わりに使ってしまった)。
  • 水に濡れた。
  • 洗濯機で洗った。
  • その他、ICページを折り曲げた。
  • 観光スタンプを押した。

新規に発給申請をする場合の手続きについては、下記のリンク先をご参照ください。

初めて申請する方

このページに関するお問い合わせは 熊本県旅券センター(県庁新館1階)

電話096-333-2160 メールryoken@pref.kumamoto.lg.jp