ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 商工振興金融課 > 大型店の立地に関するガイドライン

本文

大型店の立地に関するガイドライン

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0074803 更新日:2020年12月1日更新

大型店の立地に関するガイドラインについて

本県では、豊かな地域コミュニティを構築していくために、大型店に対して企業の社会的責任としての主体的な地域貢献を求めるとともに、地域住民等との十分なコミュニケーションと連携のもと、地域の実情に即した形で地域貢献を進めるうえで必要となる取組を定めたガイドラインラインを平成17年12月26日に策定しました。
 しかし、策定から今日までの間に、まちづくり三法の改正という大きな動きがあり、県でも「大型店の地域貢献等に関する外部評価委員会」を設置し、ガイドラインの内容等に関して、外部からの意見を求めてきました。
 こうした結果、多くの大型店による地域貢献をさらに促進し、より地域の実情を反映した地域貢献策となるようにするため、基準面積を引き下げ、市町村や商工団体の関わり等を盛り込む形で改正し、平成21年4月1日に施行しています。

 なお、平成24年4月1日に熊本市による「大型店の立地に関するガイドライン」が策定されましたので、熊本市内に立地する店舗は、当ガイドラインに基づく届出を行っていただくことになります。 

大型店の立地に関するガイドライン

様式について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)