ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 環境立県推進課 > 2050年熊本県内CO2排出実質ゼロを目指します

本文

2050年熊本県内CO2排出実質ゼロを目指します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051575 更新日:2020年10月1日更新

知事写真
​令和元年(2019年)12月4日 議会で宣言する知事

熊本県は、地球温暖化によるリスクを低減し、  持続可能な未来を実現していくため、将来の目指すべき姿として  「2050年熊本県内CO2排出実質ゼロ」を宣言します。
(参考)

2018年度の熊本県の温室効果ガス総排出量

 2018 年度の温室効果ガス総排出量は、1,039 万t-CO2(内CO2 は876 万9 千t)であり、前年度比13.0%減(CO2 は15.2%減)、基準年度(2013 年度)比27.8%減(CO2 は32.6%減)となりました。これは、節電の取組や、再生可能エネルギーの導入拡大等によるものと考えられます。

2018年度の熊本県温室効果ガス総排出量について (PDFファイル:312KB)

2017年度以前の熊本県の温室効果ガス総排出量について

 熊本県では毎年温室効果ガス排出量を算定し、公表していますが、算定に使用している統計資料のうち県内の電力使用量や燃料使用量等の実績を取りまとめている「都道府県別エネルギー消費統計」等については、統計方法の変更等に伴い2020年度公表資料において過去の実績データが修正されました。
 この統計資料の修正を踏まえ、これまで公表した2017年度以前の温室効果ガス総排出量を算定しなおし、各年度の排出量と基準年度(2013年度)比削減率を取りまとめました。
 なお、これまで公表した資料(第五次熊本県環境基本計画、2017年度以前の環境白書等)の修正は行いませんので御留意ください。

2017年度以前の熊本県の温室効果ガス総排出量について (PDFファイル:179KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)