ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 環境立県推進課 > 2050年熊本県内CO2排出実質ゼロを目指します

本文

2050年熊本県内CO2排出実質ゼロを目指します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051575 更新日:2020年10月1日更新

知事写真
​令和元年(2019年)12月4日 議会で宣言する知事

熊本県は、地球温暖化によるリスクを低減し、  持続可能な未来を実現していくため、将来の目指すべき姿として  「2050年熊本県内CO2排出実質ゼロ」を宣言します。
(参考)

くまもとCO2ゼロ びっくりアイデアコンテスト

 CO2ゼロに向けたアイデアを募集する「くまもとCO2ゼロびっくりアイデアコンテスト」を開催します。
 主催:熊本県(環境立県推進課)  後援:KAB熊本朝日放送

  • くまもとCO2ゼロびっくりアイデアコンテスト
    1. 募集期間:令和2年10月17日(土曜日)~11月30日(月曜日)
    2. 応募資格:県内外問わず誰でも。一人でもグループでも参加可能
    3. 応募方法:特設サイトから応募用紙をダウンロードしてください
    4. 部門  :
      1. みんなでできること部門
      2. いいね!チャレンジ部門
    5. 賞:
      • 最優秀賞(1組)賞金10万円、水田オーナー参加権(玄米20kg付き)
      • 優秀賞(2組) 賞金5万円、水田オーナー参加権(玄米20kg付き)
      • 特別賞(20組)賞金1万円
      • 入選(100組) CO2ゼロオリジナルマスク
    6. 結果発表:1月下旬に特設サイトで発表
  • オンラインイベント「厚切りジェイソンとびっくりアイデア考えてみる!」
    1. 日時:令和2年10月17日(土曜日)14時~15時
    2. 参加方法:特設サイトから申し込みください

 詳しくは特設サイトをご確認ください。
 2050年熊本県内CO2排出実質ゼロWebサイト<外部リンク>

平成29年度(2017年度)の熊本県内温室効果ガス総排出量

 熊本県の平成29年度(2017 年度)の総排出量は、1,285 万1 千t-CO2(内CO2 は1,124 万6 千t)であり、前年度比1.0%減(CO2 は1.3%減)、基準年度平成25年度(2013 年度)比17.0%減(CO2 は20.4%減)となりました。これは、節電の取組や、再生可能エネルギーの導入拡大等によるものと考えられます。

平成29年度(2017年度)熊本県の温室効果ガス排出量について(PDFファイル:115KB)

過去の資料

≪注意点≫

温室効果ガス排出量計算に用いる電力量データの変更について

 平成27年度(2015年度)まで、電力会社(九州電力)からの提供データを用いていましたが、より実情の傾向を反映したものとするため、平成28年度(2016年度)から 都道府県別エネルギー消費統計(資源エネルギー庁)のデータを用いることとし、平成17年度(2005年度)以降について排出量の再計算を行っています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)