ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康づくり推進課 > 熱中症に注意してください!周囲の方への声かけもお願いします!

本文

熱中症に注意してください!周囲の方への声かけもお願いします!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051427 更新日:2020年10月1日更新

熱中症予防のポイント

令和2年度(2020年度)の熱中症予防行動について

 近年、熱中症による健康被害が数多く報告されており、気温が高い日が続くこれからの時期は、熱中症予防対策に万全を期すことが重要です。
 令和2年度(2020年度)は特に、令和2年(2020年)5月4日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において、「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示され、今後は、一人ひとりが感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや3密(密集、密接、密閉)を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められます。
 今夏は、これまでとは異なる生活環境下であることから、例年以上に熱中症に気を付けることが重要です。
 十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防もこれまで以上に心がけましょう。

令和2年度の熱中症予防行動

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  1. 暑さを避けましょう
    • 感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整
    • 暑い日や時間帯は無理をしない 等
  2. 適宜マスクをはずしましょう
    • 気温、湿度の高い中でのマスク着用は要注意
    • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす 等
  3. こまめに水分補給しましょう
    • のどが渇く前に水分補給
    • 1日あたり1.2リットルを目安に 等
  4. 日頃から健康管理をしましょう
    • 日頃から体温測定、健康チェック 等
  5. 暑さに備えた体作りをしましょう
    • 暑くなり始めの時期から適度に運動 等

【厚生労働省】<「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント><外部リンク>

熱中症は予防が大切です!

高齢者向け
【環境省】熱中症~思い当たることはありませんか?~(PDFファイル:5.23MB)

熱中症予防には次の3つのことに注意しましょう!

  1. 水分補給
    運動するときはもちろん、喉が渇いていなくても、スポーツドリンクなど、こまめに水分を補給しましょう。
  2. 日傘や帽子の着用
    屋外で作業を行う際は、帽子や日傘を着用し、日陰を利用しましょう。
    また、こまめに休憩を取りましょう。
  3. エアコンなどの活用
    熱中症の約4割は室内で発生し、日中だけでなく、夜間も注意が必要です。
     エアコンや扇風機を上手に使用し、室内に熱がこもらないようにしましょう。

※気温が高くなくても湿度が高い日や、風が弱い日、体が暑さに慣れていないときも注意が必要です。
 油断することなく、こまめな水分補給を心がけましょう!

もし熱中症になってしまったら・・・

一般向け
熱中症~ご存じですか?予防・対処法~(PDFファイル:918KB)

もし周りの人が熱中症になってしまったら、以下のように対応しましょう。

(1)意識がある・反応が正常な場合

 涼しい場所へ避難させる
 ↓
衣服を脱がせ、身体を冷やす
 ↓
水分・塩分を補給する※水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合はすぐに救急車を要請しましょう。

(2)意識がない・反応がおかしい場合

救急車を要請する
 ↓
涼しい場所へ避難させる
 ↓
衣服を脱がせ身体を冷やす
 ↓
医療機関に搬送する

その他 熱中症予防啓発ツール

給水器画像

給水器案内表示

給水器案内表示をご活用いただき、こまめな水分補給の呼びかけをお願いします。

【熊本県】 給水器案内表示(PDFファイル:71KB)

※ その他、熱中症予防普及啓発資料等は、下記の関連サイトに掲載されておりますのでご活用いただき、熱中症予防啓発にご協力いただきますようお願いします。

熱中症予防についての関連サイト

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)