ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > 熊本県新型コロナウイルスリスクレベル基準の改定について

本文

熊本県新型コロナウイルスリスクレベル基準の改定について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0069445 更新日:2021年12月10日更新
 

改定の経緯

 県では、感染拡大防止に向けた対策の徹底や県民の皆様への早期の警戒を呼び掛けるため、リスクレベルを導入し、国のステージ分類と併用し、運用を行ってきました。

 国のステージ分類は、国民のワクチン接種率の向上や、医療提供体制の強化、治療薬の開発などによって新型コロナウイルス感染症との向き合い方が変化している現状を踏まえ、新たにレベル分類として改定されました。

 リスクレベルについても、国のレベル分類と統合し、対策の考え方や方向性を定めることで、県民の皆様にとってより分かりやすいものへと改定しました。

改定後のリスクレベル

スライド①

 

スライド②

 

スライド③

 

スライド④

 

リスクレベルの改定について (PDFファイル:894KB)

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)