ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > 飲食店等でのテイクアウトについて

本文

飲食店等でのテイクアウトについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051353 更新日:2020年10月1日更新

飲食店等においてテイクアウト(お持ち帰り等)を始める事業者の方への注意事項について

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響でテイクアウト(お持ち帰り等)を始めたい旨の相談が増えております。
通常の営業形態を変更される際には、最寄りの保健所へ事前にご相談下さい。
また、テイクアウト(お持ち帰り等)を始める飲食店等の方、飲食店等からの依頼を受けて食品を配送される方、またテイクアウトを注文される方は、以下の注意事項を守っていただきますようにお願いします。

注意事項

  1. いつもの衛生管理を徹底しましょう。
  2. 受注数量は、設備、人的能力等に応じた範囲内にしてください。
  3. 利用者(消費者)へ、購入後はすぐに食べるように伝えてください。
  4. 常温放置は危険です。温度管理に気を付けましょう。
  5. アレルゲンの質問に対応できるようにしてください。
    (例:卵、乳、小麦、落花生、えび、そば、かに等)
  6. 喫食までの時差に注意しましょう。

注意事項の詳細については、以下のチラシをご参照ください。
 【飲食店等でテイクアウトを始める方へ】
 飲食店等でのテイクアウト(注意点)(PDFファイル:341KB)
 【飲食店等からの依頼を受けて食品を配送する方へ】
 配送者の注意点(PDFファイル:366KB)
 【テイクアウトを注文される方へ】
 注文する方の注意点(PDFファイル:432KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)