ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > 結核の定期健康診断のお願い

本文

結核の定期健康診断のお願い

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0004967 更新日:2020年8月1日更新

学校、病院・診療所、助産所、介護老人保健施設、介護医療院、社会福祉施設、刑事施設の代表者、管理者の皆様へ

  • 結核の定期健康診断-実施と提出のお願い─
    • 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)(以下、「感染症法」と記載します。)第53条の2の規定により、下記のとおり結核の定期健康診断を実施し、保健所に報告しなければなりません。
    • 結核の定期健康診断は、結核のり患率が高い者や結核を発病すると周囲に感染させるおそれが高い者等に対する健康診断の実施を義務付けることにより、結核を早期に発見し、集団感染を防ぐことを目的としています。
    • 対象者に対する定期健康診断の実施をお願いいたします。また、結核診断実施後は、感染症法第53条の7の規定に基づき報告する義務がありますので、速やかに以下の報告書により所在地を管轄する保健所へご報告ください。
実施義務者 対象者 実施時期
学校(※1)長 業務に従事する者 毎年度
大学、高等学校、高等専門学校、専修学校又は各種学校の学生、生徒
(修業年限が1年未満のものを除く。)
入学した年度
病院・診療所・助産所管理者 業務に従事する者 毎年度
介護老人保健施設長 業務に従事する者 毎年度
介護医療院長 業務に従事する者 毎年度
社会福祉施設(※2)長 業務に従事する者 毎年度
65歳以上の入所者 65歳に達する日の属する年度以降、毎年度
刑事施設長 20歳以上の被収容者 20歳に達する日の属する年度以降、毎年度

※1学校教育法に定める学校のほか、専修学校及び各種学校を含み、幼稚園を除く。

※2社会福祉法第2条第2項第1号及び第3号から第6号までに規定する施設

  • 第1号:生活保護法に規定する救護施設、更生施設その他生計困難者を無料又は低額な料金で入所させて生活の扶助を行うことを目的とする施設
  • 第3号:老人福祉法に基づく養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム
  • 第4号:障害者総合支援法に基づく障害者支援施設
  • 第5号:削除
  • 第6号:売春防止法に基づく婦人保護施設

検査の方法

 喀痰検査、胸部エックス線検査、聴診、打診その他必要な検査

報告期限

 健康診断実施月の翌月10日まで

報告様式

 結核定期健康診断報告様式(Excelファイル:31KB)

報告方法及び報告先

 Faxまたは郵送で所在地を管轄する保健所に報告ください。

 保健所一覧はこちら