ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者の発生について(令和4年6月3日)

本文

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者の発生について(令和4年6月3日)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0135156 更新日:2022年6月3日更新

5月30日、県内で、今年4例目となる重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:以下「SFTS」という。)の患者が発生し、6月2日に亡くなられたことを確認しました。

SFTS患者の死亡が確認されたのは、今年1例目です。平成25年に届出対象疾患となって以降、本県での患者確認は34例目、患者の死亡確認は7例目となります。(別に、感染症死亡疑い者の遺体からのウイルス検出が平成28年に1例あり。)

SFTSは、SFTSウイルスを保有するマダニに咬まれることで感染するといわれ、感染予防策としてはマダニに咬まれないようにすることが重要です。

12月頃までは、マダニの活動時期です。森林や草地などマダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用するなどマダニに咬まれないよう十分な対策を講じて下さい。袖やズボンの裾に隙間ができないよう、できるだけ肌の露出を少なくするよう注意してください。

 

令和4年6月3日(金曜日)報道資料 (PDFファイル:264KB)

ダニにご注意ください

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)