ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康福祉政策課 > 令和2年7月豪雨義援金の第4次配分について

本文

令和2年7月豪雨義援金の第4次配分について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0074434 更新日:2021年3月22日更新

令和2年7月豪雨義援金の第4次配分について

 令和2年7月豪雨に係る被害に関し、日本赤十字社、共同募金会及び熊本県において募集した義援金を被災者へ配分するため、令和3年(2021年)3月17日(水曜日)に令和2年7月豪雨義援金配分委員会において、第4次配分を以下のとおり決定いたしました。

 今後速やかに市町村への送金を行うこととしており、準備が整った市町村から対象世帯に順次配分されます。

(1)義援金額(R3.3.12現在確認額)

 
日本赤十字社 1,980,832,895円
共同募金会 387,436,481円
熊本県 2,906,308,895円
5,274,578,271円

 この義援金は、国内外の多くの皆様から寄せられた善意を、日本赤十字社、共同募金会、熊本県がお預かりし、その全額を市町村を通じて被災された方にお届けしています。

 

(2)配分対象・配分基準額

第3次配分から配分基準額は変更ありません。

 

人的被害(1人あたり)
対象被害 死亡者 行方不明 重傷者

配分基準額

100万円 100万円 10万円

 

住家被害(1世帯あたり)
対象被害 全壊 半壊 一部損壊

配分基準額

85万円 42.5万円 5万円

※1:半壊世帯には「大規模半壊世帯」「中規模半壊世帯」を含む

※2:一部損壊世帯には「準半壊世帯」を含む

 

(注意事項)

上記第4次配分基準額は、第1次~第3次配分で示した配分基準額を含む総額であり、すでに上記金額の送金を行っている場合は、第4次配分での追加送金はありません。

 

(3)第4次配分額

 本年3月12日時点で市町村から報告があった義援金対象件数に基づき、配分を行います。

 

 第4次配分額           5,650,000円

<参考>

 累計配分額         3,236,550,000円

 

市町村別第4次配分額

 
No. 市町村 配分額
1 八代市 1,625,000円
2 荒尾市 125,000円
3 芦北町 2,450,000円
4 錦町 100,000円
5 多良木町 50,000円
6 あさぎり町 1,300,000円