ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康福祉政策課 > 【平成28年熊本地震】リバースモーゲージ利子助成事業(「すまいの再建」支援策)について

本文

【平成28年熊本地震】リバースモーゲージ利子助成事業(「すまいの再建」支援策)について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051317 更新日:2020年10月1日更新

事業の趣旨

 熊本地震により住居が被災し、応急的な住まい等での生活を余儀なくされた方が県内で居住する住宅を新築、購入、補修するために、金融機関等からリバースモーゲージ型の融資を受けた場合、借入額に係る利子の支払額の全部又は一部について助成を行うものです。

事業の概要

1.対象者

 熊本地震で被災し次の(1)、(2)のいずれも該当する方とします。
(1)次の(ア)~(エ)のいずれかに該当する方
 (ア)応急仮設住宅(建設型仮設住宅、借上型仮設住宅)に入居していた方
 (イ)全壊又は大規模半壊の罹災証明書の交付を受けた方
 (ウ)半壊の罹災証明書の交付を受け、その住宅を解体した方
 (エ)被災者生活再建支援法に基づき長期避難世帯として認定されている方
(2)自宅の住宅再建を行うため金融機関等からリバースモーゲージ型の融資を受けた方

2.補助金額

 借入額(※1)と金銭消費貸借契約時の住宅金融支援機構「災害復興住宅融資」の融資額の利率(団体信用生命保険未加入の場合の適用利率)と20年を乗じて算定します。
 ※1 850万円以上借入れた場合、850万円で補助金額を算定します。

3.申請期限

  1. 平成29年10月29日までに住宅を再建し、その住宅に転居を完了した方
    平成30年5月1日まで
  2. 平成29年10月30日以降に住宅を再建し、その住宅に転居する方
    住宅を再建し、その住宅に入居した日から起算して6か月経過した日又は令和4年3月31日のいずれか早い日

4.申請に必要な書類

熊本市で被災された方

 すまい再建支援事業のご案内について<外部リンク>から入手ください。

熊本市以外で被災された方

 次の(1)から(6)の書類が必要となります。
(1)交付要項に定める様式1(補助金交付申請書)、様式1-1(入居者一覧)、様式2(完了実績報告書)

(2)市町村長が発行する罹災証明書の写し
(3)住民票(世帯全員のもの)
(4)金銭消費貸借契約書の写し
(5)抵当権設定契約書の写し
(6)返済予定表の写し

 また、半壊の罹災証明書の交付を受け、その住宅を解体した場合(「1.対象者の(1)の(ウ)」に該当)には以下の資料も提出してください。

  • 被災した住宅の解体を証明する書類の写し

 申請書類については申請書類チェックリスト(Excelファイル:13KB)を活用し、申請書類の漏れがないよう留意してください。

5.申請方法

 上記「4.申請に必要な書類」をまとめ、被災時にお住まいだった市町村の窓口に提出してください。
 

6.申請後の流れ

 申請いただいた書類を県(熊本市で被災された方は熊本市)で審査し、交付を行う場合には「交付決定通知書兼額の確定通知」、交付を行わない場合には「不交付決定通知書」を申請者の方へ送付します。
 「交付決定通知書兼額の確定通知」がお手元に届いた方は速やかに「補助金請求書」を県(熊本市で被災された方は熊本市)へ送付ください。

熊本市で被災された方

 すまい再建支援事業のご案内について<外部リンク>から入手ください。

熊本市以外で被災された方

別記第3号様式(補助金請求書) (Wordファイル:21KB)