ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康福祉政策課 > 熊本県ハートフルパス制度

本文

熊本県ハートフルパス制度

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051294 更新日:2020年10月1日更新

熊本県ハートフルパス制度 ~この場所を、必要としている人がいます~

 この制度は、公共施設や店舗など様々な施設に設置されている障がい者等用駐車場を適正にご利用いただくため、障がいのある方や高齢の方、妊産婦の方など移動に配慮が必要な方に対して、県内共通の利用証(ハートフルパス)を交付することで、本当に必要な人のための駐車スペースの確保を図る制度です。制度広報チラシ(PDFファイル:603KB)

熊本県ハートフルパス制度・協力施設一覧 2,200施設(令和2年2月末現在)

利用証の交付を受けることができる方(交付対象者)

1.有効期間1年以上(交付基準に該当しなくなるまで)

  1. 身体障がいにより移動に配慮が必要な方
     …別表(PDFファイル:290KB)に該当する方
  2. 知的障がいにより移動に配慮が必要な方
     …療育手帳の障がいの程度欄が「A」の方
  3. 精神障がいにより移動に配慮が必要な方
     …精神障がい者保健福祉手帳の等級1級の方
  4. 高齢等により移動に配慮が必要な方
    …要介護状態区分で「要介護1」以上の方
  5. 難病により移動に配慮が必要な方
    …指定難病医療受給者の方

※以上の交付基準に該当しない場合でも、診断書様式(PDFファイル:97KB)により移動に配慮が必要な状況が確認できる場合には、交付することができます。詳しくは事前にお問い合わせください。

2.有効期間1年未満(1年未満で必要な期間)

  1. 妊産婦の方・・・妊娠7か月~産後3か月
  2. けがをされた方・・・車いす、杖等の使用期間

※妊娠7か月未満の方であっても、診断書様式(PDFファイル:97KB)又は母子手帳の記載等により、切迫早産(切迫流産を除く)の恐れや多胎妊娠により歩行困難な状況が確認できる場合には、交付することができます。詳しくは事前にお問い合わせください。

申請方法

1.必要な書類

申請書とあわせてそれぞれ次の添付書類が必要です。

  • 身体障がい:身体障がい者手帳の住所、氏名、障がい名の記載があるページ参考(PDFファイル:186KB)
  • 知的障がい:療育手帳の住所、氏名、障がいの程度の記載があるページ参考(PDFファイル:237KB)
  • 精神障がい:精神障がい者保健福祉手帳の住所、氏名、障がい等級の記載があるページ参考(PDFファイル:156KB)
  • 高齢者等 :介護保険被保険者証の住所、氏名、要介護状態区分の記載があるページ参考(PDFファイル:67KB)
  • 難病 :指定難病医療受給者証の住所、氏名、病名の記載があるページ
  • 妊産婦 :母子健康手帳の住所、氏名、出産日(分娩予定日)の記載があるページ参考(PDFファイル:223KB)
  • その他(けが等):医師による診断書等(移動に配慮が必要な理由や車椅子、杖等の使用期間の記載が必要)及び必要に応じて身分証明書

様式

※診断書は、同様の内容が記載されていれば、他の様式を使用することもできます。

2.手続き

  1. 窓口で申請を行う場合申請受付・交付窓口一覧(PDFファイル:117KB)
    県庁健康福祉政策課、または各地域振興局の保健福祉環境部(保健所)総務企画課又は総務福祉課まで必要な書類をお持ちください。
    一部の市町村に限り、お住まいの市町村役場等でもお手続きいただけます。
    ※1 代理申請の場合は、代理人の方の身分証明書が必要です。
    ※2 申請受付・交付窓口について、地域振興局においては担当課が保健所内となります。お間違いのないようご確認ください。
  2. 郵送で申請を行う場合
    必要書類とハートフルパスの返送用切手(140円)を同封のうえ県庁健康福祉政策課 ハートフルパス担当宛て
    (郵便番号:862-8570、住所:熊本市中央区水前寺6丁目18-1)に郵送してください。

3.手数料

 無料

4.対象駐車場

 対象となる区画は、当制度に登録いただいた施設に設置している案内表示がある区画です。なお、当制度の対象区画は「障がい者等用駐車場」と「障がい者等優先駐車場」の2種類あります(※障がい者等用駐車場のみの協力施設もあります)。
 障がい者等用駐車場は、車いす使用者の方等が必要な幅(3・5m以上)がありますが、利用者の中には広いスペースを必要としない方も少なくありません。このため、障がい者等用駐車場に追加して協力をいただける施設の、出入口近くにある一般駐車場(通常幅)を新たに「障がい者等優先駐車場」(追加駐車スペース)とする、ハートフルパス制度を拡充する取組みを平成26年9月1日から開始しました。広いスペースを必要とする方(車いす使用者等)以外は、障がい者等優先駐車場のご利用をできる限りお願いします。詳しくはハートフルパス 障がい者等優先駐車場制度​のページをご覧ください。

対象区画

種類

障がい者等用駐車場

障がい者等優先駐車場

広さ等

  • 幅3・5m以上。出入口近く。
  • 公共施設や商業施設等で、協力いただける施設に設置。
  • 幅2・5m以上3・5m未満。出入口近く。
  • 左の協力施設のうち、追加で協力いただける施設の一般駐車場に設置。

一般の方の駐車の可否

  • 原則として一般の方は駐車できません。
  • 通常は一般の方は駐車できませんが、他に空きスペースがない場合などは駐車可能です。

対象者

  • 車いす使用者等、広いスペースを必要とする方。
  • 移動に配慮が必要な方。

駐車場での表示

緑色の案内表示

案内表示(緑)

青色の案内表示

案内表示(青)


 この制度に登録いただいた協力施設には「障がい者用駐車場」の案内表示と(PDFファイル:275KB)「障がい者等優先駐車場」の案内表示(PDFファイル:286KB)が掲示されています。
 協力施設の対象駐車場に駐車する際は、利用証(ハートフルパス)(PDFファイル:140KB)の表示が必要です。

協力施設登録についてのお願い

 要件(幅が3.5m以上、出入口にできるだけ近いところに設置)を満たす障がい者用駐車場を整備されている施設におかれましては、ハートフルパス協力施設に登録をお願いします。さらに障がい者等用駐車場に追加して、施設の出入口の一般駐車場を「障がい者等優先駐車場」として設置可能な協力施設におかれましては、「障がい者等優先駐車場」の登録も併せてお願いします。
 ハートフルパス協力施設の登録にあたっては、次の「ハートフルパス制度協力施設登録申込書」を県へ提出していただきます。
 また、協力施設の障がい者等用駐車場にハートフルパスを掲示していない車輌が駐車している場合に、ハートフルパスの掲示や取得を促すためのチラシも準備しています。

全国39府県でも使えます~令和2年(2020年)4月1日から、富山県が新たに相互利用可能になりました!~

各府県の合意により、本県を含む全国39府県で、熊本県のハートフルパス制度が利用できます。※各県の利用証および案内表示一覧(PDFファイル:1.22MB)

相互利用できる府県名

  • 東北地方:岩手、秋田、山形、福島、宮城
  • 関東地方:茨城、栃木、群馬
  • 甲信越・北越地方:新潟、富山、石川、福井、山梨、長野
  • 東海地方:岐阜、静岡、三重
  • 近畿地方:京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、大阪
  • 中国地方:鳥取、島根、岡山、広島、山口
  • 四国地方:徳島、香川、愛媛、高知
  • 九州地方:福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、熊本

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)