ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 各種委員会(事務局) > 天草不知火海区漁業調整委員会(事務局) > 天草不知火海区漁業調整委員会の概要

本文

天草不知火海区漁業調整委員会の概要

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0001361 更新日:2020年8月1日更新

1 海区漁業調整委員会とは

 海区漁業調整委員会とは、漁業法及び地方自治法に基づき、水面を総合的に利用して漁業生産力を発展させ、漁業の民主化を図ることを目的として設置されています。
 また、海区漁業調整委員会は、海面につき農林水産大臣が定める「海区」ごとに設置され、
熊本県では「熊本県有明海区」及び「天草不知火海区」の2海区があります。
 なお、海区漁業調整委員は漁業に関する専門的な知識・知見及び経験を要することから、漁業者代表・学識代表・公益代表で構成されています。

2 海区漁業調整委員会の役割

 海区漁業調整委員会の役割として、主に以下のような事項があります。

  • 諮問事項
    漁場計画の樹立・漁業権の免許・漁業調整規則の制定改廃等、知事からの諮問について審議し、答申を行います。
  • 建議事項
    漁業権の制限条件等について、知事に対して意見を述べます。
  • 決定事項
    委員会指示等、自らが決定機関として、指示・認定・裁定に関する強い権限をもっています。

3 委員会指示について

 海区漁業調整委員会は、水産動植物の繁殖保護、漁場の使用に関する紛争の防止・解決、その他漁業調整のために必要と認めるときは、関係者に対し採捕の制限、禁止、漁場の使用の制限等その他必要な指示をすることができます。

4 委員会の開催状況について

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)