ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 企業局 > 企業局総務経営課 > 都呂々ダムの概要

本文

都呂々ダムの概要

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0005214 更新日:2020年8月1日更新

都呂々ダム
都呂々ダム(企業局)

1 都呂々ダムの概要

 都呂々ダムは、(1)簡易水道、(2)農業用水、(3)工業用水の水源として建設された利水専用の多目的ダムです。

 昭和62年3月にダム本体の建設に着工し、平成2年3月に完成しました。

 ダムは苓北町と熊本県との共同施設で、管理は熊本県企業局で行っています。

(1) 簡易水道について

 従来から天草地方は、たびたび深刻な水不足に悩まされてきました。

 都呂々・富岡簡易水道事業は、それまでの簡易水道を見直し、安定的に生活用水を供給するとともに住民の環境衛生の

 向上を図るため苓北町営事業として整備され、平成2年4月より給水対象である都呂々、富岡地区の4,900人へ水道水を供給しています。

(2) 農業用水について

 都呂々ダム下流の水田20ha等に安定した農業用水を確保するため、苓北町で諸設備を整備し、平成2年4月から農業用水の供給を行っています。

(3) 工業用水について

 苓北町内の工業団地及び九州電力(株)苓北発電所(70万kw×2基)への工業用水供給のため、熊本県企業局で諸設備を整備し、平成5年8月から工業用水の供給を行っています。

断面図
都呂々ダム断面図

2 ダムの諸元

 都呂々ダムの大きさなどの諸元は、次のとおりです。

水系名

都呂々川

集水面積

平方 km

7.88

河川名

都呂々川

湛水面積

平方 km

0.124

位置

天草郡苓北町

総貯水容量

立方 m

1,360,000

目的

W、I、A

有効貯水容量

立方 m

1,160,000

型式

重力式コンクリートダム

下流水田用水容量

立方 m

10,000

堤高

m

41.80

簡易水道用水容量

立方 m

260,000

堤体長

m

145.00

〃 負担率

17.0

堤体積

立方m

64,000

農業用水容量

立方 m

40,000

門扉数

なし

〃 負担率

2.7

サーチャージ水位

m

E.L. 95.80

工業用水容量

立方 m

850,000

満水位

m

E.L. 93.60

〃 負担率

80.3

最低水位

m

E.L. 75.00

-

3 都呂々ダム位置図

都呂々ダム全体

アクセス

  • 所要時間: 飛行機をご利用の場合
    天草空港から、レンタカーやタクシーで約40分
  • 所要時間: 列車をご利用の場合
    熊本駅~三角駅(JR三角線)・・・・約60分
    三角駅から、レンタカーやタクシーで約100分
  • 所要時間: 高速船、フェリーをご利用の場合
    富岡港から、レンタカーやタクシーで約15分(高速船のため、人だけの乗船となります。)
    牛深港から、車で約70分
    鬼池港から、車で約40分
  • 所要時間: 車(マイカー)をご利用の場合
    熊本市より・・・・約160分(一部、自動車専用道路利用)
    松橋ICより・・・・約140分(一部、自動車専用道路利用)

 ※ナビで「都呂々ダム」を目的地に入れると、最短ルートは山道を通るルートを示すため、天草瀬戸大橋を渡った後は、海沿いの国道324号線を進むルートがおすすめです。