ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 土木部 > 土木技術管理課 > 土木工事標準積算基準書等の改定について

本文

土木工事標準積算基準書等の改定について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050360 更新日:2021年8月1日更新

令和3年度(2021年度)土木工事標準積算基準書等の改定について

 このことについて、国土交通省は改正品確法の基本理念に則り、適正な予定価格が設定できるよう最新の実績を踏まえ、土木工事及び業務の積算基準の改定を行いました。
 そこで、本県土木部においても、国に準じて下記のとおり、土木工事標準積算基準書等の改定を行うこととしましたのでお知らせします。

  1. 改定対象基準書等
    1. 土木工事標準積算基準書
    2. 建設機械等損料算定表
    3. 港湾請負工事積算基準
    4. 設計・調査及び測量業務積算基準及び標準歩掛
  2. 適用日
    令和3年(2021年)8月1日以降の施行伺い決裁分から適用。
  3. その他
    詳細については、熊本県庁情報プラザ等で閲覧をお願いします。

土木工事標準積算基準等の改定時期について

 土木工事標準積算基準等は、10月1日に改定を行うこととしておりましたが、令和元年度より、8月1日に改定を行う試行を実施中です。
 また、早期に改定が必要と認められる内容については、適宜、部分的な改定を行うこととしております。