熊本県

熊本県農業研究センター試験研究事業について

最終更新日:
 

1.平成31年度(2019年度)からの新規研究課題(中課題)

 熊本県農業研究センターでは、試験研究の重点化の方向や推進方策を定めた熊本県農業試験研究推進構想に基づいて、稼げる農業を目指して、農家の当面する課題や要望の強い課題等を技術面から解決すべく、試験研究の選択と集中を行い、生産現場に密着した研究開発に取り組んでいます。

 

1.くまもとの魅力を発信できる新品種の開発・選定 

・収量等に優れた湿地性カラーの開発(農産園芸研究所)
・カラー新品種の迅速な普及のための種苗安定供給技術の開発(農産園芸研究所)
・アボカドの優良品種の選定および連年安定生産技術の開発(天草農業研究所)
 
2.稼げる農業を目指した革新的な生産技術の開発
・県産「くまさんの輝き」の”特A”評価を目指した食味変動要因の制御技術開発(農産園芸研究所)
・実需者の求めに応じた麦類高品質・多収生産技術の開発(農産園芸研究所)
・特産花き日持ち性向上対策技術の確立(農産園芸研究所)
・中山間地における鳥獣害を回避する品目の選定と栽培技術確立(高原農業研究所)
・球磨地域における茶の水色改善のための栽培技術確立(球磨農業研究所)
・密播育苗と育苗箱全量施肥栽培とを組み合わせた省力技術の開発(生産環境研究所)
・水稲の大規模経営に対応した育苗箱全量施肥栽培の機械施肥同時播種技術の確立(生産環境研究所)
・暗渠効果の発現・持続に資する補助暗渠・メンテナンス技術の確立(生産環境研究所)
・県内施設園芸施設に導入できる低コストかつ簡便な暑熱対策技術の確立(生産環境研究所)
・天草大王の生産性および肉質向上のための飼料体系の確立(畜産研究所)
・ICTと放牧、TMRセンターを活用した省力・低コスト肉用繁殖牛飼養管理システムの実証研究(畜産研究所)
・イチゴ「ゆうべに」の大規模生産を可能にする品質安定対策技術の確立(アグリシステム総合研究所)
・野菜類の品目および輸送形態に応じた品質保持技術の開発(アグリシステム総合研究所)
・「熊本EC12」等オリジナル品種の連年安定生産技術の確立(果樹研究所)
・合格率向上を目指した施設「不知火」の高品質果実生産技術の確立(果樹研究所)
・中山間地活性化のための落葉果樹の栽培技術開発(果樹研究所)
・温暖化を活かした熊本オリジナルカンキツ類に対する施肥技術の改善(果樹研究所)
 
  1. 3.環境にやさしい農業を推進する技術の開発
・土壌由来温室効果ガス計測・抑制技術実証普及事業(生産環境研究所)
・AIを活用した病害虫診断・防除要否決定支援システムの構築(生産環境研究所)
  

2.平成31年度(2019年度)各研究所別事業計画書

 

3.研究成果等の公表について

  研究成果は、定期刊行物や農業フェア(県農業公園)等を通じて公表しています。

研究成果パネルの展示の写真

農業研究センターの研究成果パネル

このページに関する
お問い合わせは

農業研究センター 企画調整部企画情報課
電話:096-248-6423
ファックス:096-248-7039
メール noukenkikaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:6674)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.