熊本県
現在、大規模災害時モードで表示されています。

食品営業施設における被災後の衛生対策について

最終更新日:
健康福祉部 健康危機管理課 TEL:096-333-2239 FAX:096-387-0167 メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
 

食品営業施設における被災後の衛生対策について

飲食店や食品製造業などの食品営業施設が被災し、停電、断水、浸水等が回復した後、営業再開する場合は、以下の点に留意してください。 

 

停電した場合

 停電したときは、冷蔵庫や冷凍庫の温度が上昇し、保管していた食材が痛んでいる可能性があります。

 ◆ 温度が上がってしまった要冷蔵品や冷凍食品は、消費(賞味)期限内であっても安全性の保障はできませんので、廃棄しましょう。

 ◆ 保管温度や期限表示のない食材は、腐敗や変敗等を確認し、状態の良いものだけを加熱して使用しましょう。

 

浸水した場合

 ◆ 浸水した食材、調味料、衛生用品(マスク、ペーパータオル、ふきん等)などはすべて廃棄しましょう。

 ◆ 洗浄、乾燥、消毒が難しい木製の調理器具等は、廃棄しましょう。

 ◆ 施設、設備の清掃・消毒をしましょう。

   浸水した施設を清掃・消毒するときは次の資料を参考にしてください。

   【参考資料】

      (1)清掃作業をされる方へ(PDF:85.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

      (2)清掃と乾燥が重要です(PDF:270.1キロバイト) 別ウインドウで開きます

      (3)浸水した家屋の消毒手順(PDF:548.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

      (3)-2 浸水した家屋の消毒手順(PDF:420.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

 ◆ 調理器具の洗浄、消毒をしましょう。

   汚れを完全に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム溶液や煮沸など、食中毒予防のために普段から行っている消毒を行い、乾燥後は衛生的に保管しましょう。 消毒方法は、上の参考資料(3)、(3)-2を参考にしてください。

  

断水した場合

 ◆ 水道水は水道事業者の指示に従って使用を再開してください。濁りが消え、水温が一定になるまでしっかり流し、味やにおい等に異常がないか確認しましょう。

 ◆ 井戸水を使用している場合、濁りや殺菌装置の作動状況を確認してください。井戸が被災した場合、水質が変わっている可能性がありますので、水質検査を実施し安全性を確認してから使用しましょう。

  

その他

 ◆ 浸水した電気設備は、異常がないか業者に確認してもらいましょう。冷蔵や加温等の機能がある場合は、必要な温度が保てるか確認してから使用しましょう。

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 健康危機管理課 食品乳肉衛生班
電話:096-333-2247
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:34812)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.