熊本県

【7月17日】臨時記者会見(報道関係者のコロナ感染確認について)

最終更新日:
 

【7月17日】臨時記者会見動画 




知事コメント全文

令和2年7月豪雨の被災に対し、被災された方々に心から御見舞い申し上げるとともに、復興に尽力されている皆様には厚く御礼申し上げます。

他県よりお見えになり、被災地で活動されていた方から、再び、新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されました。

本県50例目の感染者となるこの方は、現在、発熱、咽頭痛等の症状があり、県内の感染症指定医療機関に入院されています。

この方は、30歳代、男性、神奈川県にお住まいの報道関係者です。7月13日に熊本入りされ、15日までに、八代市、人吉市、球磨村、相良村、多良木町で被災地の取材活動をされています。

取材活動においては、一部、現地で合流した同僚とタクシーを利用されていますが、主に、お一人でレンタカーを利用し、マスク着用のうえ行動されていると伺っています。

濃厚接触者については、同僚1名、タクシー運転手1名の計2名が確認されており、本日中の検査に向け、現在調整を行っているところです。

なお、この方は、マスク着用のうえ、被災現場の撮影を中心に活動されており、避難所など取材先での濃厚接触は確認されておりません。
報道関係者の方々の業務は、今回の被災地の現状を日本各地にお伝えいただくものであり、大変重要なものと考えています。

しかし、先日の他県からの応援職員の感染確認を踏まえ、一層の感染防止対策に取り組んでいる中、再度、被災者の皆様に多大な心配をおかけすることになり、非常に残念な思いです。

県としては、県民の皆様の安心・安全を最優先に、今後の災害対応を円滑に進めるため、被災地において支援等活動に従事いただく全ての方に、活動前の体調確認と、体調不良時には勇気をもった活動自粛の御判断をお願いしたいと思います。

併せて、マスクの着用等の基本的な感染防止対策を徹底していただきますよう、改めてお願いいたします。
その際、先日公開した「被災地で活動する際の感染防止対策チェックリスト」を用いて頂きますようお願いします。

迅速で正確な情報発信に努め、取り得るすべての対策について実行して参りますので、被災者及び県民の皆様におかれましては冷静な対応をお願いいたします。

報道関係者の皆様に改めてのお願いです。今回のことで、取材の自粛を求めることはありませんが、最大限の感染防止対策を徹底して下さい。

また、避難所は、避難者の生活の場であり、プライバシーへの最大限の配慮が必要な場所です。取材にあたっては、各避難所に掲示してあるとおり、避難者への最大限の配慮をお願いします。





 

このページに関する
お問い合わせは

知事公室 広報グループ
電話:096-333-2027
ファックス:096-386-2040
メール kouhou@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:34619)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.