熊本県

「建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する熊本県計画」を策定しました

最終更新日:
土木部 監理課 FAX:096-381-5404 メール kanri@pref.kumamoto.lg.jp
 

1 計画策定の趣旨

 建設業における労働災害の発生状況等を踏まえ、建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって建設業の健全な発展に資することを目的として、平成29年(2017年)3月に「建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律(平成28年法律第111号)」が施行されました。

 法では、公共発注・民間発注を問わず、建設工事の請負契約における適正な請負代金の額及び工期等を定めること等を基本理念としており、都道府県は地域の実情に応じた建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する施策を策定・実施する責務を有し(法第5条)、また、国の基本計画を勘案して、都道府県計画を策定するよう努めるものとされています(法第9条)。

 このようなことから、本県における建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する基本的な方針と取組の方向性を示すため、「建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する熊本県計画」を策定しました。

 

2 熊本県計画の内容

  建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する熊本県計画(概要版)(PDF:733.8キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

  建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する熊本県計画(PDF:881.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

構成

 第1 現状と課題
  1.建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に必要な環境整備
  2.建設工事従事者の処遇の改善等を通じた中長期的な担い手の確保
 第2 基本的な方針

  1.適正な請負代金の額、工期等の設定
  2.設計、施工等の各段階における措置
  3.安全及び健康に関する意識の向上

  4.建設工事従事者の処遇の改善及び地位の向上
 第3 熊本県において総合的かつ計画的に講ずべき施策

  1.建設工事の請負契約における経費の適切かつ明確な積算等
  2.責任体制の明確化
  3.建設工事の現場における措置の統一的な実施
  4.建設工事の現場の安全性の点検等
  5.建設工事従事者の安全及び健康に関する意識の啓発
 第4 施策を総合的かつ計画的に推進するために必要な環境整備

  1.社会保険等の加入の徹底
  2.建設キャリアアップシステムの活用推進
  3.建設業退職金共済制度の加入促進等
  4.働き方改革の推進
  5.墜落・転落災害の防止対策の充実強化
  6.外国人労働者の労働災害防止対策
  7.県計画の推進体制等

 

3 参考資料

  建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する基本的な計画(概要)(PDF:118キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

4 関連リンク 

  熊本労働局ホームページ(熊本における労働災害・労働衛生の現状) 別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

  国土交通省ホームページ(建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進について)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

  厚生労働省ホームページ(建設業における安全対策) 別ウィンドウで開きます(外部リンク)


このページに関する
お問い合わせは

土木部 監理課 建設業班
電話:096-333-2485
ファックス:096-381-5404
(ID:30857)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.